ロズウェル事件の真実とは?UFOが墜落し残骸が回収されていた【写真付】

UFO関連の事件

ロズウェル事件は、世界でもっとも有名なUFOの墜落事故です。

アメリカ政府の公式発表は気球の墜落ですが、私は宇宙人が乗るUFOの墜落だと考えています。

回収された残骸には不思議な特徴がある他、ロズウェル事件の真実を語る証人も大勢いるのです。

そこでこの記事では、ロズウェル事件についてご紹介していきます。
<スポンサーリンク>



【概要】ロズウェル事件とは

ロズウェル事件とは、1947年にアメリカのニューメキシコ州ロズウェル付近でUFOの墜落事故があり、米軍がその残骸と宇宙人の遺体を回収したと噂される事件です。

ロズウェル事件を報じた新聞

事件の発端は、1947年7月4日(6月という説もある)に牧場管理者のマック・ブレイゼルが、辺り一面に落ちている不思議な物を発見したこと。

それは何らかの残骸に見えたそうです。

マック・ブレイゼルはそのことをすぐさまロズウェルの保安官に報告しました。

すると、現場に米陸軍がやってきて、残骸をすべて回収。

そして7月8日の新聞に「軍が空飛ぶ円盤(UFO)を回収した」というニュースがのりました

非常にセンセーショナルなニュースですが、その直後、米軍は「UFOではなく気象観測用の気球だった」と訂正。

記者会見を開き、回収した残骸の一部を公開したのです。

これはその記者会見の様子を撮影した写真。

米軍の記者会見

たしかにこの写真に写っている残骸はアルミ箔にしか見えません。

そのため、ロズウェル事件の話題はあっという間に風化していきました。

1970年代にロズウェル事件の話が再燃

長らく忘れ去られていたロズウェル事件ですが、1978年に放送されたテレビのドキュメンタリー番組をきっかけに再燃することとなります。

番組に出演したのはUFO研究家のスタントン・T・フリードマン。

スタントン・T・フリードマン

彼は、1947年の事件発生当時に問題の残骸の回収に関わったジェシー・マーセル少佐にインタビューを行い、「軍は異星人の乗り物を極秘裏に回収した」と結論付けました。

そして、これ以降、ロズウェル事件について証言する人が続々と出始め、ドラマや映画の題材としても度々取り上げられることに。

関連して、当時アメリカが秘密にしていた軍事基地エリア51も話題に上るようになったのです。

回収されたUFOの残骸について

UFOの残骸と宇宙人の遺体が最初に運び込まれたとされるのは、ロズウェルにあるウォーカー空軍基地です。

その後、ライトパターソン空軍基地に運ばれ、そこでリバースエンジニアリングされたと言われています。

ライトパターソン空軍基地

事実、ライトパターソン空軍基地は最新鋭機の実験施設として有名。

また、現在でもUFOの目撃情報が多い地域です。

UFOの残骸は最終的にエリア51へ移された

ライトパターソン空軍基地に保管されていたとされるUFOの残骸と宇宙人の遺体ですが、現在では近くにある基地・エリア51に移されたと言われています。

エリア51とは、アメリカが長年にわたってその存在を否定してきた軍事基地。

近年になってアメリカ政府はやっとその存在を認めました。

エリア51を報じたCNNのニュース

*引用:CNN

存在を隠してきたということは、それだけ機密度の高い何かがあるという証拠。

付近でUFOの目撃情報が多いこともあって、ロズウェル事件の残骸が保管されており、今でも研究が続いていると考えられます。

ちなみに、エリア51に関しては、元職員のボブ・ラザーが「エリア51で、UFOの推進技術を研究していた」と暴露。

彼は、「アメリカ政府は重力増幅装置によって推進する9機のUFOを所有している」とも言っています。

この話が真実なら、ロズウェル事件で回収された残骸が技術の元となった可能性があります。

ロズウェルに墜落したUFOの残骸が技術を進歩させた

ロズウェルに墜落したUFOの技術が生かされたのは最新鋭機だけではありません。

1997年7月、フィリップ・J・コーソー元陸軍中佐が「ペンタゴンの陰謀」という本を出版。

フィリップ・J・コーソー元陸軍中佐の著書「ペンタゴンの陰謀」

その中で彼は、ロズウェル事件が事実であることを認めた上で、「回収したUFOの残骸から得られた技術をハイテク企業に渡していた」と暴露しました。

フィリップ・J・コーソーによると、コンピューターに使われている集積回路は、墜落したUFOの制御盤を元に開発されたとのこと。

これについてカナダの元国防長官ポール・ヘリアーは、「コーソー中佐の言っていることは真実だ」と証言しています。

また、類似のことはロッキード・マーティン社の元研究者であるボイド・ブッシュマンも自身の動画の中で述べています。

彼は、ロッキード・マーティン社在籍中に、エリア51に務める将校からUFOの破片を手渡されたと証言。

さらに彼は、「エリア51には少なくとも18人の宇宙人がおり、研究を手伝っている」と主張し、宇宙人の写真までみせているのです。

*ゴイド・ブッシュマンが公開した動画:出演は本人

<スポンサーリンク>



ロズウェル事件が真実である証拠

私は、ロズウェル事件は真実だと考えています。

事件後にでた証言の中に嘘や矛盾、記憶違いと思われるものがあるのは事実。

しかしながら、フィリップ・J・コーソーやボイド・ブッシュマンには、立場を危うくしてまでも嘘をつく必要はありません。

また、彼らの話以外にも、ロズウェル事件が真実だと思える根拠があるのです。

米軍が出てきたのは不自然

小規模の事件・事故であれば地元警察が担当。

大規模であればFBIが担当するというのがアメリカ流。

米軍が出てくるとしたら、重要な国家機密が絡む時か敵国の脅威が迫っている時くらいです。

仮に、墜落現場にある残骸が気球の破片(アルミ箔)なら、米軍はすぐに気付いたはず。

事後処理は地元警察に任せて引き上げたことでしょう。

そもそも、牧場にアルミ箔が散乱しているという一報を受けたところで、米軍は関与しません

しかし実際には、米軍がやってきてすべての残骸を回収し、基地に持ち帰っています。

ということは、墜落現場の状況を見て(あるいは一報が入った時から)、「これは軍が担当すべき事案だ」と判断したわけです。

米軍のこの対応を考えれば、それが気球の墜落ではなかったことは明白です。

気球とUFOの残骸を間違えるはずがない

回収された残骸

事件後の記者会見の写真から分かるように、米軍が「回収した残骸」として見せた物はほぼアルミ箔。

しかし私は、写真に写っているアルミ箔は軍が記者会見用に用意した偽物だと考えています。

米軍による最初の発表が「UFOの残骸を回収した」だったのは、UFOと思わせるだけの要素があったということ。

写真に写っているようなアルミ箔を見たところで、「これはUFOの残骸だ」と考える人はまずいないでしょう。

まして、米軍は残骸を持ち帰って調査したわけで、気象観測用の気球をUFOと間違えて発表するなど、あり得ない話です。

ジェシー・マーセル少佐の証言

ジェシー・マーセル

ジェシー・マーセルはロズウェル事件で残骸の回収にあたった部隊の責任者であり、記者会見の写真に写っている人物です。

彼は回収した残骸の一部をこっそり持ち帰り、家族に見せていました。

晩年、UFO研究家のスタントン・T・フリードマンからインタビューを受けた彼は、その時のことを次のように語っています。

  • 残骸の表面に誰にも解読できないある種の象形文字があった
  • 残骸は木材ではなかった
  • 残骸は非常に硬く、けれども柔軟で、そして燃えないようだった
  • 残骸を大槌で打ったが凹みをつくることもできなかった

ジェシー・マーセルの証言から分かるのは、回収された残骸には不思議な性質があったということ。

少なくともアルミ箔ではないわけで、この時点で米軍がいう気球説には無理があります。

なお、2015年、カリフォルニア大学で新たな金属が開発されました。

その金属は柔軟剤を持ちつつも固く、ジェシー・マーセルがいうUFOの残骸と性質が似ています。

米軍はUFOの残骸から得られた技術を外部の研究機関に渡しており、カリフォルニア大学が新しい金属を開発したのもその一環かもしれません。

エドガー・ミッチェルの証言

アポロ14号の宇宙飛行士だったエドガー・ミッチェルは、次のように述べています。

はっきり言うと、ロズウェルは起こった

「政府はそれについて知っていたが、おおやけには知らせないことを決めた」

「政府が事件を隠匿したことを示す機密ファイルを見たことがある」

「少しの内部関係者だけが真実を知っている。そして発見された死体を研究している」

リディア・スレッピーの証言

リディア・スレッピーはロズウェル事件当時、アルバカーキのラジオ局で働くテレタイプオペレーターでした。

彼女がロズウェル事件を取材したリポーターの話を送ろうとしたところ、FBIから送信を中止するように命じられたとのこと。

単なる気球の墜落であれば送信中止を命じられるはずがなく、アメリカ政府にとって隠匿しなければならない重大事件だったことが分かります。

なお、宇宙人の存在を示す他の証拠に関しては、下の記事をご覧ください。

宇宙人は存在する!証拠はUFOの動画・写真、目撃談、壁画、連れ去り、遺跡等

ロズウェル事件以前にもUFOの墜落事故があった

1941年4月12日、ミズーリ州のケープジラードーでUFOの墜落事故があったと言われています。

4月12日の夜9時半頃、地元の牧師ウィリアム・ハフマンは地元警察から呼び出されました。

「事故によって亡くなった人がいるので祈りを捧げてほしい」と言われて現場に行ってみると、そこには墜落したUFOがあったのだとか。

このUFOは円盤型で、象形文字のようなものが刻まれていたそうです。

さらに彼は、背が低くて頭と目が異様に大きい宇宙人らしき死体を3体確認しています。

以上のことは、ウィリアム・ハフマンの死後に彼の妻が「夫から聞いた話」として証言したもの。

その後、地元保安官の兄弟や消防隊員らも証言を行い、「ロズウェル以前のUFO墜落事故」として認知されるようになりました。

なお、この事件で回収されたUFOの残骸と死体は米軍が回収し、ワシントンDCに運んだと言われています。

その他のUFO墜落事故

実のところ、ロズウェル事件と前後していくつものUFO墜落事故が起こっています。

  • 1945年ニューメキシコ州サンアントニオ
  • 1947年アイダホ州ツインフォールズ
  • 1948年ロシア アストラハン州
  • 1949年モンタナ州ヘブゲン湖
  • 1952年ウエストバージニア州ブラクストン郡etc…

これらは当時の新聞でも取り上げられているので、事実と考えてまず間違いないでしょう。

ちなみに、ロシアでおこった1948年の事件では、ロシアの戦闘機とUFOが空中戦を行った結果によるもの。

戦闘機はミサイルをUFOに命中させましたが、同時に謎の光を浴びせられ相撃ちになったと言われています。

まとめ

この記事では、ロズウェル事件についてご紹介しました。

ロズウェル事件とは、世界でもっとも有名なUFO墜落事故のこと。

「真実ではない」と主張する人もいますが、状況証拠から考えれば真実だと考える方が妥当でしょう。

また、ジェシー・マーセルを始めとする信頼できる証言者もいます。

このことから、アメリカ政府は少なくとも1947年の時点で、宇宙人が存在することを知っていたと思われるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました