米国のUFO調査プロジェクト・ブルーブック!内容とハイネック教授を紹介

プロジェクト・ブルーブック 証言者

プロジェクト・ブルーブックとは、アメリカ空軍が行ったUFO調査プロジェクトです。

公開された機密文書や科学顧問を務めたJ・アレン・ハイネックの証言から、実在したプロジェクトだということが分かっています。

そこでこの記事では、プロジェクト・ブルーブックの内容と、J・アレン・ハイネックについてご紹介していきます。
<スポンサーリンク>



プロジェクト・ブルーブックの目的はUFO調査

プロジェクト・ブルーブックの文章

1947年の夏までに、アメリカでは無数のUFO目撃情報がありました。

たとえば1947年6月24日。

実業家のケネス・アーノルドは、自家用機でワシントン州レーニヤ山の近くを飛んでいた時に、正体不明の飛行物体の一群を目撃しています。

ケネス・アーノルドによると、これらの飛行物体の速度は飛行速度は時速1,200km以上。

当時、時速1,000kmを超える飛行機は開発されておらず、宇宙人が操縦するUFOだったと思われます。

また、数日後には同様の目撃情報が他の地域でも20件ほどあがりました。

これらの事実が新聞で報じられたのをきっかけに、全米でUFOの目撃情報が続出。

一気に数百件も増えました。

この状況を重く受け止めたアメリカ空軍のネイサン・トワイニング中将は、1948年にプロジェクト・サインを発足させ、UFOを調査することに。

これが後のプロジェクト・ブルーブックとなるのです。

プロジェクト・ブルーブックの発足

プロジェクト・サインは「UFOは本物だ」と結論付けましたが、空軍上層部はこの報告書を強引に修正。

最終的な報告書には「UFO現象は見間違いか自然現象だ」と記載されました。

その後、プロジェクト・サインはプロジェクト・グラッジへと名称を変更。

さらに1952年にはプロジェクト・ブルーブックへと変わっています。

無論、プロジェクト・ブルーブックの目的もUFOの調査

空軍に寄せられる目撃情報を調べ、それがUFOなのかどうかを判別していたのです。

ここで注目すべきは、プロジェクト・サインの最終報告で「見間違いか自然現象だ」と結論付けたにも関わらず、アメリカ空軍がUFOの調査を続けたこと。

本当に見間違いか自然現象なら、それ以上の調査は必要なかったはずです。

このことから私は、アメリカ空軍はプロジェクト・サインによってUFOが本物だと認識したと考えています。

ただ、それを公にはできないため、表向きは「見間違いか自然現象だ」としたのではないでしょうか。

ちなみに、1947年の前後はアメリカ全土でUFOの墜落事件が続発した期間。

その主なものは次の通りです。

  • 1945年ニューメキシコ州サンアントニオ
  • 1947年アイダホ州ツインフォールズ
  • 1947年ニューメキシコ州ロズウェル
  • 1949年モンタナ州ヘブゲン湖
  • 1952年ウエストバージニア州ブラクストン郡

これらの墜落事故もプロジェクト・ブルーブックやグラッジ、サインで調査されたと思われます。

プロジェクト・ブルーブックの内容

プロジェクト・サインからプロジェクト・ブルーブックまでに、合計で12,618件のUFO目撃情報が集められました。

これらの目撃者には、一般人だけでなく戦闘機のパイロットも含まれます。

その内の701件は未解明のまま。

つまり、宇宙人の存在を強く示唆していたわけです。

にも関わらず、アメリカ空軍は1969年にプロジェクト・ブルーブックを閉鎖。

最終的な報告書には、「UFOの存在を示す証拠はない」と記載されました。

なお、プロジェクト・ブルーブックで調査された目撃情報の詳細は機密扱い。

情報公開請求によって公開された文章でも、肝心な部分はすべて黒塗りになっています。

ドラマ化されたプロジェクト・ブルーブック

ドラマ プロジェクト・ブルーブック

*引用:ヒストリーチャンネル

プロジェクト・ブルーブックはノンフィクションに近いフィクションとして、2019年にドラマ化されました。

ドラマ化にあたって脚色されているとはいえ、そこで取り上げられているUFO事件は実際に起ったものです。

前述した通り、プロジェクト・ブルーブックの調査内容はそのほとんどが機密扱い。

ゆえに、脚色はされているものの、ドラマ『プロジェクト・ブルーブック』を観た方が内容は掴みやすいでしょう。

ドラマ全体のイメージとしてはXファイルに近い感じ。

残念ながら2シーズンで打ち切りとなりましたが、非常によく出来たドラマであり、UFO関連に興味がある人には大変おすすめです。

ちなみにこのドラマは、実際にプロジェクト・グラッジとプロジェクト・ブルーブックで科学顧問を務めたJ・アレン・ハイネックが監修しています。

プロジェクト・ブルーブックの科学顧問J・アレン・ハイネック

J・アレン・ハイネック

J・アレン・ハイネックは、元オハイオ州立大学の准教授です。(専門は天体物理学)

彼はプロジェクト・グラッジとプロジェクト・ブルーブックで科学顧問を務めました。

科学顧問に就任当初、ハイネックはUFOは単なる見間違いか自然現象だと考えていたそうです。

記者会見するハイネック

*記者会見するハイネック

しかし、調査の過程で説明がつかない事例が多数みつかったため、UFOの存在を信じるようになりました。

実際にUFO現象を調査した科学の専門家がUFOの存在を信じたわけですから、それが真実なのでしょう。

しかし、そんなハイネックの考えとは裏腹に、アメリカ空軍は「UFOの存在を示す証拠はない」と結論付けてプロジェクト・ブルーブックを閉鎖。

これに関してハイネックは、晩年、「プロジェクト・ブルーブックの最終報告にはUFOの存在を隠匿しようとする力が働いたようだ」と述べています。
<スポンサーリンク>



ブルーブックに似たプロジェクトが現代にも存在する

ご紹介してきた通り、アメリカ政府は昔から秘密裏にUFOの調査を行っていました。

そしてその調査は現在でも名称を変えて続いています。

AATIP

AATIPとは、Advanced Aerospace Threat Identification Program(先端航空宇宙脅威特定計画)の略です。

AATIPの目的は、UFOを調査し、それがアメリカの脅威となり得るかどうかを判断すること

ペンタゴン(アメリカ国防総省)が組織したもので、その存在は長い間秘密にされていました。

しかし、2017年にAATIPの責任者を務めていたルイス・エリゾンドが、ニューヨークタイムズに情報を提供。

ニューヨークタイムズはそれを記事にしました。

記事が出た当時、アメリカ政府はAATIPの存在を否定していましたが、後にその存在を認め、「すでにAATIPは終了している」と発表しています。

未確認航空現象タスクフォース

2020年、アメリカ政府は未確認航空現象(UAP)が存在することを公式に認めました

UAPとは実質的にUFOのことであり、アメリカがその存在を認めるのは史上初です。

その際、アメリカはペンタゴン内に未確認航空現象タスクフォースという組織を作りました。

目的はUAPに関する継続調査。

後に未確認航空現象タスクフォースは、「目撃情報144件のうち、気球が1件、他は未確認」「いずれも敵国の技術ではない」と発表しています。

アメリカの民間UFO調査組織

プロジェクト・ブルーブックやAATIPはすべてアメリカ政府が立ち上げたもの。

ある程度の予算が投じられるので大規模な調査が可能ですが、核心に迫る部分はたいてい機密扱いとされます。

この点に不満を持ったのか、アメリカには独自に宇宙人やUFOについて調査する団体がいくつもある(又はあった)のです。

APRO

1952年、新聞記者のコーラル・ロレンゼンはアメリカ初の民間UFO調査組織APROを設立しました。

コーラル・ロレンゼンの著書

*コーラル・ロレンゼンの著書『UFO 目撃者の証言』

APROには各分野の専門家が集まっており、コーラル・ロレンゼンの夫で元アメリカ陸軍航空隊の将校ジム・ロレンゼンも参加。

これらの専門家が目撃情報のあった現地へ行き、徹底的に調査することでプロジェクト・ブルーブック以上の成果をあげました

結果、他の民間UFO調査組織が立ち上がるきっかけにもなっています。

NICAP

NICAPは第二次世界大戦で誘導ミサイルを開発したデルマー・ファーニー少将が作った組織。

参加メンバーの中には、元CIA長官のロスコー・H・ヒレンケッター中将も。

ロスコー・H・ヒレンケッター

*ロスコー・H・ヒレンケッター

1960年、そのヒレンケッターが次のように述べました。

  • UFOは実在する
  • UFOはソ連の航空機ではない
  • UFOの調査は不十分である

CIA長官といえば、様々な機密情報にアクセスできる数が少ない人物。

そのCIA長官が民間のUFO調査組織に在籍し、「UFOは実在する」と述べているのです。

MUFON

MUFON

*引用:MUFON公式サイト

MUFONは元APROのメンバーであるボルト・アンドラスが作ったUFO調査組織です。

1962年の設立以来会員が増え続け、現在では数千人規模にまで成長。

アメリカだけでなく、他の国にも調査員がいます。

なお、MUFONは成果の一部をその公式サイトで公開しているので、ぜひチェックしてみてください。(日本語対応)

まとめ

この記事では、アメリカが行ったUFO調査・プロジェクト・ブルーブックについてご紹介しました。

プロジェクト・ブルーブックの最終報告は「UFOの存在を示す証拠はない」でしたが、科学顧問を務めたハイネックはこの報告に疑問を呈しています。

事実、プロジェクト・ブルーブック以降もUFO調査は行われていたわけで、現在の技術をもってしても解明できない事例が多数存在。

このことから、宇宙人は存在しており、地球にやってきていると考えられるのです。

なお、宇宙人存在に関する他の証拠については、下の記事をご覧ください。

宇宙人は存在する!証拠はUFOの動画・写真、目撃談、壁画、連れ去り、遺跡等

コメント

タイトルとURLをコピーしました