ストロベリーナイト・サーガが低視聴率!亀梨和也は数字持ってない?

ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」(フジテレビ系:毎週木曜日22時~)の視聴率が低迷しているようですね。

放送前から、二階堂ふみと亀梨和也のダブル主演に関して「姫川と菊田のイメージではない」と批判が出ていましたが、それがそのまま結果に表れているようです。

また、「亀梨は数字を持ってな」という指摘まであり、今後の俳優活動にも影響しそうです。

ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」が爆死!

<スポンサーリンク>




「ストロベリーナイト・サーガ」はベストセラーとなった小説が原作です。

回によっては新作ストーリーもありますが、基本的には竹内結子の主演で高視聴率を獲得したドラマ「ストロベリーナイト」のリメイク的な作品となっています。

ご存知の方も多いと思いますが、「ストロベリーナイト」では竹内結子演じる姫川は非常にハマリ役でしたし、西島秀俊が演じる菊田も良いキャスティングでした。

そんなヒット作をリメイクするというだけでもハードルが高いのですが、キャスティングされたのが二階堂ふみ(姫川役)と亀梨和也(菊田役)とあって、「物足らない」「イメージと違う」などの批判が出ています。

それは視聴率にも表れていて、初回の7.8%以降は、6.4%、6.6%、6.7%、6.7%と6%台が続いています。(ビデオリサーチ調べ:関東地区)

前クールの「スキャンダル専門弁護士QUEEN」がそうであったように、同枠のドラマはヒットしにくい傾向にあります。

なので、「この結果は仕方ない」と受け止めている人もいるようですが、ネット上では亀梨和也に関する辛らつなコメントが続出しているようです。

その内容をみると、「髪型が刑事らしくない」「いまどき、あの眉毛はおかしい」といった容姿に関する批判や、「役のイメージに合っていない」「存在感がない」といったような、キャスティングされていること自体を疑問視する声まであります。

さらには、「亀梨和也が出演しているから観ない」「そもそも亀梨和也は数字を持っていない」などのように、アンチからの意見も非常に多いようです。

亀梨和也は数字を持ってない?

<スポンサーリンク>




実際、近年に亀梨和也が出演したドラマの視聴率をみてみると、「数字を持っていない」という指摘は的を射ているように思います。

たとえば、直近の5年間では「ストロベリーナイト・サーガ」を含む5本の連続ドラマで主演を務めていますが、平均視聴率が10%を超えたのは「怪盗 山猫」(日本テレビ系:2016年1月16日 – 3月19日)だけです。(10.7%)

また、平均視聴率が7.1%だった「セカンド・ラブ」(テレビ朝日:2015年2月6日 – 3月20日)は深夜帯の放送なので、そもそも10%以上は望めませんが、それでも同枠の他の作品と比べると視聴率は低くなっていました

亀梨和也は「好きなジャニーズランキング」(週刊女性PRIME調べ)で毎年上位にランクインしていますから、女性からの支持が厚いことは間違いないと思うのですが・・・

あくまでもそれはアイドルとしてのこと。

俳優としての亀梨和也は、その知名度とは裏腹に、意外と「数字を持っていない」のかもしれませんね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。