グッディの安藤優子は失礼な失言多い!偉そうで嫌い、旦那を略奪等の批判も

フジテレビの平日昼間といえば、グッディですよね。

そのメインキャスターを務めるのが安藤優子ですが、失言が多く、「偉そう」「嫌い」「旦那を略奪したくせに」など、度々批判されているようです。
<スポンサーリンク>



安藤優子のプロフィール

安藤 優子(あんどう ゆうこ)は1958年11月19日生まれ 、千葉県の出身です。

ウェーブ産経代表幹事であり、有限会社エイアンドアソシエイツに所属しています。(フジテレビの社員ではありません)

高校在学中に交換留学生としてアメリカ合衆国のミシガン州ハートランド高校へ留学。

帰国後は上智大学外国語学部比較文化学科に進学。

上智大学在学中にアルバイトをしていた際、テレビ朝日のプロデューサーにスカウトされて報道の仕事をするようになりました。(これにより、上智大学を休学してます)

当初はテレビ朝日に出演していましたが、「ニュースステーション」を降板したのをきっかけにテレビ出演を止め、上智大学に復学します。

すると今度はフジテレビからスカウトされ、1987年10月から「FNNスーパータイム」に出演

以降、フジテレビの社員ではないものの、ほぼフジテレビのお抱え状態となり、同局の報道番組に出演し続けています。

本人は「70歳まで現役」と宣言していますが、週刊文春が毎年発表する「嫌いな女性アナウンサーランキング」では常に上位に入るなど、安藤優子のことを嫌いと感じている視聴者が多いのも事実です。

視聴者が安藤優子を嫌いな理由①2度にわたる不倫略奪愛だから

<スポンサーリンク>



安藤優子に対する「嫌い」という声は、今に始まったことではありません。

実は過去に二度不倫略奪愛をやらかしており、それでいて昨今の不倫のニュースには偉そうにコメントしているのです。

安藤優子の一度目の不倫略奪愛は、1988年に報じられました。

お相手は電通の国際営業部媒体部の部長でした。

不倫報道が流れた際、安藤優子は「ただのゴルフ友達です」と主張。

しかし、この時相手の男性には妻子がありました。

もしもこれが他人のスキャンダルであれば、安藤優子は「仮に不倫ではなかったとしても、妻子ある男性とプライベートで出掛けるのはいかがなものか」とコメントしているはずですよね^^;

結局、この男性は離婚。

その直後に安藤優子と再婚していますから、誰がどう考えても、不倫略奪愛だったことはあきらかでしょう。(ただし、安藤優子もわずか3年で離婚しています)

安藤優子の二度目の不倫略奪愛が報じられたのは1996年でした。

(この時のお相手は元フジテレビディレクター、堤康一氏であり、現在の旦那でもあります)

最初の不倫からわずか数年後のことだっただけに、「またか」と思った視聴者も多かったようです。

この時の報道によると、当時安藤優子が住んでいたマンションに堤康一氏が訪問。

安藤優子は堤康一氏を自宅に残したまま仕事に出掛け、翌朝に帰宅。

夕方になって堤康一氏と安藤優子が共に外出した・・・とされています。

もはや半同棲状態といっても差し支えない関係に思えますが、この時堤康一氏には妻子がありました。

なので、もちろん、安藤優子は不倫関係を否定。

結局、2006年になって堤康一氏と安藤優子は再婚しています。

これだけやらかしている人が、「グッディ」ではモラルや常識についてコメントしている訳ですから、多くの人が「嫌い」「偉そう」と感じるのも無理はないでしょう。

視聴者が安藤優子を嫌いな理由②失言が多い

<スポンサーリンク>



安藤優子が嫌われるもう一つの理由、それはとんでもない失言が多いことです。

直近では、競泳女子の池江璃花子選手白血病を公表したというニュースにおいて、「神様がちょっと試練を与えたのかなというふうにも思います」とコメント。

生死に関わる病を患った人に対して、「試練」という表現はあまりにも配慮を欠いており、「不謹慎だ」と批判されています。

また、この時、安藤優子が笑みを浮かべていたことも、大きな問題だと思います。

このような失言は過去にも度々起こっています。

2017年4月には、フィギュアスケート女子・浅田真央選手の得意技「トリプルアクセル」に対して、「今では皆、トリプルアクセルを跳ぶようになりました」とコメント。

実際には、当時公式戦でトリプルアクセルを成功させた女子選手は世界でも少なかったため、「不勉強すぎる」「浅田真央に失礼」などと批判されています。

2018年2月21日には、俳優の大杉漣さんが亡くなったことを告げる際に、「せっかく金メダルを獲ったのに悲しいニュースが入ってきました」とコメント。

この日、平昌オリンピック 女子パシュートで金メダルを獲得していたことを受けての発言でしたが、「せっかく」という表現はあまりにも不謹慎ですよね。

アナウンサーとは思えません^^;

その数日後には、同じくパシュートで日本の選手がバランスを崩した映像をみながら、「仲間のミス」とコメント。

これを聞いた高木美帆選手が「ミスではなく相当足にきてたと思うんですよね。逆によく転ばないで耐えたと思います」とフォローする場面もありました。

さらに、2018年夏には、高校野球甲子園大会で活躍した吉田選手の好きなアーティストについて話している際、グッディで共演している高橋克実が「Perfume(が好きなのでは)?」と予想すると、「えー、すごい昔の人でしょ、それ」とコメント。

一体誰と間違えたのかは分かりませんが、Perfumeといえば非常にメジャーなグループであるだけに、失礼極まりないですよね。

かりに大昔のアーティストであったとしても、「えー」というリアクションは、アナウンサーとしてどうなんでしょうか?

これだけ失礼で失言の多い安藤優子ですが、なぜかフジテレビはキャスターに起用し続けています。

グッディは視聴率が好調とはいえず、その原因の一端は安藤優子が「偉そう」「嫌い」と批判されているからだと思うのですが・・・

昨今のタレント化した女子アナウンサーもどうかとは思いますが、安藤優子もかなり酷い気がしてなりません。

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。