山口真帆、NGTの表記を削除!脱退・卒業か運営による切り捨てか?

自宅前で暴行を受けた山口真帆

事件を受けて運営が第三者委員会を設置し、その調査報告が待たれる中、被害者である山口真帆と一部のメンバーが、SNSからNGT48の表記を削除していることが分かりました。

脱退・卒業の意味なのか、あるいは運営による切り捨てなのでしょうか?
<スポンサーリンク>



山口真帆がSNSのプロフィールからNGT48の表記を削除

山口真帆が暴行を受けた事件。

対応が悪いと非難されている運営が第三者委員会を設置し、真相の究明を行うと発表しました。

なんとなく茶番で終わる気がしてなりませんが、調査が終了するまで1か月半を要するとのことで、ファンとしてはその報告を待つしかないようです。

そんな中、被害者である山口真帆が、自身のSNSのプロフィールから「NGT48」の表記を削除していることが分かりました。

山口真帆の所属事務所はAKS、つまりNGT48を運営している本体です。

所属タレントが活動の柱であるグループ名をプロフィールから削除するというのは・・・

どう考えても不自然ですよね^^;

例えていうなら、プロ野球選手がSNSから所属する球団名を削除するようなもので、わざわざそうするからには、そこに何かしらの意図があるとしか思えません。

山口真帆はNGT48から脱退・卒業するのか?

<スポンサーリンク>



山口真帆のSNSからNGT48の表記が消えたことについて、ファンの間では、

もしかして脱退・卒業するのか?

という憶測が広がっています。

これは極めて一般的な発想ですよね。

何かしらの意図をもって操作しないかぎりはNGT48の表記が消えることはない訳で、その意図を推察するにあたって、卒業・脱退が一番イメージしやすいのではないでしょうか。

ちなみに、過去に謹慎や活動休止になったメンバー達は、プロフィールからグループ名が削除されることはありませんでした。

山口真帆以外にもNGT48の表記が消えたメンバーがいる

SNSのプロフィールからNGT48の表記が削除されたのは山口真帆だけではありません。

菅原りこ、村雲楓香、長谷川玲奈の3人も同様に削除しています。

この3人、ファンの間では「山口真帆よりのメンバー」として知られており、NGT48の表記を削除した山口真帆に同調した可能性があります。

(あるいは、運営から削除させられたか・・・)

これらに関して、本人達も運営も説明を行っていませんが、それが一層憶測を加速させる結果になっています。

「このタイミングだと、卒業・脱退しか考えられない」

「やっぱり運営から切り捨てられたのか」

「まほほん(山口真帆)達が卒業・脱退させられるのはおかしいのでは?」

「運営との話し合いが決裂したか」

「運営は誰をかばっているんだ?」

等々、すでに山口真帆らの卒業・脱退は既定路線で、むしろその原因を探るようなコメントが多くなっています。

運営が山口真帆を切り捨てたのか?

<スポンサーリンク>



山口真帆のSNSからNGT48の表記を削除した理由について、もっとも可能性が高いと言われているのが、「運営との話し合いが決裂し、切り捨てられた」というものです。

山口真帆は、当初から「メンバーの中に事件に関与した人がいる」と主張していました。

ネット上でも、実行犯達と一部のNGT48メンバーとの私的な交流が指摘されています。

暴行事件への関与はともかくとしても、風紀の乱れが懸念されるほど実行犯グループと一部のメンバーの交流が深くなっていたのはほぼ間違いないでしょう。

当然、山口真帆としてはこれらのメンバーへの処分を求めたはずです。

(これが暴行事件のきっかけになったとも考えられます)

一方、運営は、これまでの対応をみても分かるとおり、明らかにメンバーの処分をためらっており、実際に暴行事件発生から2ヶ月が経過しても、誰も処分されていません。

事件への関与及び実行犯グループとの私的交流が噂されているメンバーはNGT48の主力メンバーであり、事業収益の面を考えると、処分する訳にはいかないのではないでしょうか。

その結果、売上の低い方、つまり山口真帆を切り捨てるという結論に至った可能性は高いと思います。

NGT48の公演再開に批判殺到

山口真帆ら一部のメンバーに脱退・卒業の噂がでている一方で、運営はNGT48の劇場公演の再開を発表しました。

2月9日、11日には元1期研究生のメンバーによる「ただいま!十人十色」が、10日には研究生公演「PARTYが始まるよ~研究生の息吹を感じて!~」が上演されるとのことです。

「公演再開を待っているファンのために」という考え方もありますが、「事件の真相が究明されるまで活動は休止すべき」という声が多いようです。

実際、第三者委員会を立ち上げて内部調査をしなければならない状態な訳ですから、「今活動を再開するべきなのか?」という疑問の声があがるのも当然だと思います。

この点は、運営の利益に執着する考え方が色濃く表れている気がしますよね^^;

まるで、第三者委員会の調査結果で「問題なし」と判断されるのがすでに決まっているかのようです。

こうした対応も、山口真帆が脱退・卒業を考えた(と思われる)理由なのではないでしょうか。

多くのファンが予想している通り、山口真帆が卒業・脱退するような事態になれば、「ファンとの私的交流をやっていたメンバー達」が生き残ることになります。

ファンが使っているお金は、運営やこうした黒い噂のあるメンバーに分配されている訳ですから、「このまま応援していて良いのか?」という疑問もでてきますよね。

山口真帆が本当に脱退・卒業となるのかどうか、まずはその発表が気になるところです。

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。