サッカーアジア杯ウズベキスタン戦の予想スタメンが弱い!北川で大丈夫?

グループリーグ2連勝で向かえたサッカーアジア杯三戦目。

強敵ウズベキスタンに対して、森保監督はメンバーの大幅な入れ替えを示唆しました。

となると、ここまでまったく機能していない北川と武藤が2トップになる可能性があります。

しかし、あらためてスタメンを予想してみると、随分弱いチームになってしまうようです。
<スポンサーリンク>



サッカー日本代表、ウズベキスタン戦の予想スタメン

すでにグループステージ突破を決めているサッカー日本代表。

森保監督は「すべての選手を使いたい」と語っており、決勝トーナメントへの休養も考えると、大幅なスタメンの入れ替えがあると思われます。

そこから予想されるウズベキスタン戦のスタメンは以下の通りです。

<GK>

23 シュミット・ダニエル

<DF>

2   三浦弦太

3   室屋成

18 塩谷司

20 槙野智章

<MF>

6   遠藤航

10 乾貴士

14 伊東純也

17 青山敏弘(Cap)

<FW>

11 北川航也

13 武藤嘉紀

控えメンバー

<GK>

12 権田修一

<DF>

5   長友佑都

19 酒井宏樹

16 冨安健洋

22 吉田麻也

4   佐々木翔

<MF>

7   柴崎岳

8   原口元気

9   南野拓実

21 堂安律

<FW>

15 大迫勇也

&<スポンサーリンク>



GKは東口が怪我をしているので、シュミット・ダニエルがスタメンになると思われます。

過去2戦では権田とDF吉田の距離感に不安定さがみられ、あらためて日本のGKの人材不足が浮き彫りになっていましたが、シュミット・ダニエルにとっては良い経験になるのではないでしょうか。

ただし、技術的には、権田や東口よりも劣るため、失点は覚悟しなければならないかと・・・

DFは前節から総入れ替えを予想します。

佐々木が余っていますが、後半の試合展開次第で途中出場になるかもしれません。

MFはバランスの良い4人となりそうです。

ボランチは遠藤と青山。

遠藤が守備よりで、青山が攻守のバランスをとる感じになるでしょう。

(青山にはゲームキャプテンとしての期待もかかります)

攻撃的なポジションでは、スピードスターの伊東と個人技が高い乾

中島や堂安ほどではないにせよ、1対1で仕掛ける場面が多くなりそうです。

そしてFWには北川と武藤が入りそうです。

二人とも前節ではまったく機能していなかったのですが、メンバーが変わったことでどう生きてくるのか・・・

もしこのメンバーでも機能しないとなると、今後この二人は、しばらく招集されないかもしれませんね。

ウズベキスタン戦のスタメンが弱い

<スポンサーリンク>



さて、上記のようにスタメンを予想してみた訳ですが、よく見ると昨年行われたキルギス戦に似ているんですよね。

個々のスタメンは異なりますが、中島、南野、堂安、柴崎、大迫の5人がいないという点では共通しています。

では、そのキルギス戦がどうだったかというと・・・

昨年行われた親善試合の中では、もっとも低調な攻撃となった試合でした。

最終的なスコアは4-0でしたが、それらは後半から大迫らが入ったためであり、スタメンの状態ではまったく攻撃が組み立てられませんでした。

相手がFIFAランキング90位のキルギスだったから負けませんでしたが、ウズベキスタンは明らかに強い訳で、中島、南野、堂安、柴崎、大迫を欠くスタメンでは、かなり厳しい戦いになるのではないかと思います。(ウズベキスタンも主力を温存してくるとは思いますが・・・)

ちなみに、キルギス戦でのスタメンは以下の通りでした。

<GK>

権田修一

<DF>

室屋成

三浦弦太

槙野智章

山中亮輔

<MF>

三竿健斗

守田英正

伊東純也

北川航也

原口元気

<FW>

杉本健勇

キルギス戦でまったく機能しなかった杉本は、アジア杯のメンバー23人から外されましたよね。

ただし、キルギス戦で機能しなかったのは、杉本だけではなく、北川も同様です。

北川はまだ若いので、伸びしろも考慮して招集されているようですが、そろそろ成長の証をみせてほしいところです。

ウズベキスタン戦は乾に期待

実力的に弱いスタメンが予想されるウズベキスタン戦ですが、一番期待できるのは乾だと思います。

1対1で突破してフィニッシュまでいけるので、SBとの連携さえ上手くいけば、攻撃の起点になれそうです。

というか、乾を経由しないと攻撃が成り立たないと思われます^^;

原口よりも守備力は劣りますが、この試合のキーマンになることは間違いないでしょう。

左サイドからカットインして、相手ゴールの右隅に決める・・・

そんな乾お得意のプレーに期待したいところです。

スポーツニュースをみると、「移動が楽になる2位通過の方が良い=ウズベキスタン戦に勝つ必要はない」というような報道もでています。

たしかにそういう見方もあると思いますが、主力メンバーと控えメンバーの間に実力差があり過ぎるのは問題です。

ウズベキスタン戦の予想スタメンをみると、両SBや北川あたりに主力組との実力差がありそうです。

ウズベキスタンを相手に彼らがどこまで通用するかで、決勝トーナメントの戦い方が変わってくるので、大事な一戦となりそうです。

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。