レコード大賞2018大賞候補はUSA!出演者にMISIA!キンプリは選外

年末には音楽の一大イベントが数多くありますが、レコード大賞もその一つですよね。

2018年の大賞を誰がとるのか、出演者は誰になるのか等、音楽好きの人にとっては予想と興味が尽きないと思います。

本命はDA PUMPのUSAだと言われていますが果たして・・・
<スポンサーリンク>



レコード大賞2018、その候補者は?

レコード大賞2018は、大賞を除く各賞がすでに発表になっています。

そこで、大賞候補者と共に以下にまとめてみました。

<最優秀歌唱賞>

MISIA

<特別賞>

  • 小室哲哉
  • サザンオールスターズ
  • DA PUMP
  • 米津玄師

<優秀アルバム賞>

  • EXITENTIALIST A XIE XIE』THE BEATNIKS
  • 『オトノエ』和楽器バンド
  • 『SHINOBU avec PIAF』大竹しのぶ
  • 『初恋』宇多田ヒカル

<最優秀アルバム賞>

『BOOTLEG(ブートレグ)』米津玄師

<作曲賞>

丸谷マナブ

<作詞賞>

松井五郎

<編曲賞>

久保田真悟

<企画賞>

  • 『I』JUJU
  • 『愛を頑張って』和田アキ子 with BOYS AND MEN 研究生
  • 『雨に濡れて二人』市川由紀乃&横山剣(クレイジーケンバンド)
  • 『歌い続けて60年 ふり返ればビューティフルメモリー』菅原洋一
  • 『SINGER5』島津亜矢
  • 『スキマノハナタバ ~Love Song Selection~』スキマスイッチ
  • 『Deserie – Doo Wop Nuggets Vol. 1』監修・選曲:山下達郎
  • 『Your Tender Lips – Doo Wop Nuggets Vol. 2』監修・選曲:山下達郎
  • 『That’s My Desire – Doo Wop Nuggets Vol. 3』監修・選曲:山下達郎
  • 『ブラザー』北島兄弟(北山たけし&大江裕)
  • 『前川清大辞典』前川清

<日本作曲家協会選奨>

純烈

<功労賞>

  • 佐野博美
  • 白根一男
  • 松島アキラ

<特別功労賞>

  • 井上堯之
  • 小田裕一郎
  • 樹木希林
  • 西城秀樹
  • 森岡賢一郎

<新人賞>

  • STU48
  • 辰巳ゆうと
  • Chuning Candy
  • BiSH

<優秀賞(大賞候補)>

  • 西野カナ 『Bedtime Story』
  • AKB48 『Teacher Teacher』
  • TWICE 『Wake Me Up』
  • 欅坂46 『アンビバレント』
  • 乃木坂46 『シンクロニシティ』
  • 三山ひろし 『いごっそ魂』
  • 氷川きよし 『勝負の花道』
  • SEKAI NO OWARI 『サザンカ』
  • 三浦大知 『Be Myself』
  • DA PUMP『U.S.A.』

大賞候補に乃木坂46や欅坂46、DA PUMPなどが10組が入っていますね。

(レコード大賞は楽曲に贈られるものなおで、厳密には10曲ということになりますが)

毎年のことですが、「納得!」という曲もあれば、「何故この曲が?」というものあったりします^^;

そもそも、レコード大賞に選ばれる基準は?

<スポンサーリンク>



レコード大賞2018の大賞受賞曲を予想する上で重要なのが、その審査基準ですよね。

日本レコード大賞側が発表している審査基準は、

その年に発売されたすべての邦楽シングルCDであることを前提として、

  1. 作曲、編曲、作詩を通じて芸術性、独創性、企画性が顕著な『作品』
  2. 優れた歌唱によって活かされた『作品』
  3. 大衆の強い支持を得た上、その年度を強く反映・代表したと認められた『作品』

の3点に該当する曲ということになっています。

昔から言われていることですが、どうとでも解釈できてしまいそうな審査基準ですよね^^;

時には大方の予想を裏切る結果になることもあるため、

「事務所の圧力で大賞が決まっている」

お金を払えば大賞にしてもらえる

などの噂が絶えません。

近年では某ダンスユニットグループが、お金で大賞を買ったと報じられたばかりです。

これは昔から指摘されていることなので、おそらく「お金を払えば大賞にしてもらえる」という話は本当なのではないかと・・・

とすると、2018年の大賞も、そういった裏事情を加味する必要があるかもしれませんね^^;

レコード大賞2018、大賞予想!本命はDA PUMPのUSAだが・・・

<スポンサーリンク>



2018年の音楽史を語る上で、絶対に外せないのがDA PUMPのUSAですよね。

もはや説明不要のヒット曲で、男女を問わず、多くの人が知っている曲です。

原曲は以前流行ったユーロビートなのですが、それを見事にアレンジし、歌詞も変えています。

また、ISSAの歌唱力も健在で、レコード大賞側が発表している大賞の審査基準にピッタリだと思います。

ISSA本人は12月24日の深夜に放送された「明石家サンタのクリスマスプレゼントショー」にて、明石家さんまから「レコード大賞は?」とふられた際に、「いえいえ、僕らは・・・」と謙遜していました。

しかし、これだけ社会的に浸透した曲が大賞を受賞しなかったら、ますますレコード大賞の審査基準に疑いの目が向けられてしまうでしょうね^^;

レコード大賞2018ではMISIAが生歌を披露!キンプリは選外

大賞とは関係ありませんが、レコード大賞2018にMISIAが出演することでも話題となっています。

MISIAがライブ以外で生歌を披露するのは非常に稀なことなので、喜んでいるファンは多いと思います。

その一方で、多くのファンが残念に思っているのが、キンプリがどの賞にも選ばれていないことです。

新人賞に選ばれた4組(STU48、辰巳ゆうと、Chuning Candy、BiSH)ももちろん頑張ったとは思いますが、CDセールス、話題性、ファンクラブ会員数の伸びなど、キンプリの勢いには目を見張るものがありました。

以前からJr.として活動していたので、新人と呼べるかどうかは微妙なところですが、特別賞か何かに選ばれても良かったような気がしますよね・・・

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。