FNS歌謡祭出演の大塚愛がSUと離婚。嫌がらせの江夏詩織は炎上

12月12日に放送されるFNS歌謡祭に大塚愛が出演します。

その出演を喜ぶファンがいる一方で、11月21日に公表されたSUとの離婚や江夏詩織からの嫌がらせ行為を心配する声も上がっているようです。

そこで今回は、離婚や嫌がらせの一部始終をまとめてみました。
<スポンサーリンク>



大塚愛とSUの馴れ初めから結婚まで

大塚愛が結婚を発表したのは2010年6月のことでした。

お相手はリップスライムのSU

この二人が知り合ったのは、2009年11月に発売されて大塚愛のベストアルバム収録時です。

その後、2010年2月に交際が報じられています。

この時、大塚愛の住む高級マンションにSUが出入りしている様子が目撃されており、「合い鍵愛」と表現されていました。

この報道通りならば、知り合ってから結婚まで1年足らずだっと推測され、なかなかのスピード結婚だった訳です。

さらに、入籍直後に妊娠3カ月(出産予定は2011年4月)もであることも公表されました。

結婚と妊娠発覚のタイミングが微妙であったことからデキ婚が噂されていましたが、実際の出産が2011年3月だったことから、

やはりデキ婚だった

「大塚愛、本当はまだ結婚したくなかったのかも」

などと言われていましたよね^^;

大塚愛の夫、SUに不倫が発覚。相手は江夏詩織

<スポンサーリンク>



第一子を出産し仲良く3人で暮らしているかと思われていた大塚愛とSUですが、2017年4月にSUの不倫が発覚します。

不倫相手はモデルの江夏詩織(えなつ しおり)です。

江夏 詩織は1995年6月5日生まれ、茨城県常陸太田市出身のモデルです。

女優業も行っており、2016年2月6日公開の映画「イカれてイル?」にも出演していました(映画のタイトルが江夏詩織にピッタリですねw)

そんな江夏詩織とSUの不倫ですが、某週刊誌が報じたところによると、SUは自身が出演するラジオ番組に江夏詩織を招き、放送後にそのまま江夏詩織の自宅に泊まったとされています。

また、この時ですでに長いこと不倫関係にあったとも書かれています。

ということは、2016年か、あるいはもっと前からの関係だったのではないでしょうか。

「第二子の予定はない」と語っていた大塚愛ですが、もしかするとSUの不倫が影響していたかもしれませんね。。。

江夏詩織が大塚愛に嫌がらせ。警察に連行されていた

<スポンサーリンク>



2016年には不倫していたと思われるSUと江夏詩織ですが、それを物語る事件が起こっていたようです。

週刊誌によると、2016年の秋頃、真夜中に大塚愛の自宅に何者かが訪ねてきて、何度もインターヒンたそうです。

この時SUは不在だったそうですが、不審に思った大塚愛が警察に通報し被害届を提出したところ、その犯人として江夏詩織が警察に連行されたのだとか。

また、深夜に無言電話も度々あったそうです。

まるでドラマのようなエピソードですが、大塚愛は2018年7月に配信リリースした「あっかん べ」の歌詞で、

「嫌がらせしてくるような あの子はいらない 人生にいらない

真夜中のインターホン お化けじゃあるまいし ある意味お化けだし 白のスカートって」

と歌っています。

配信当時は何も考えずに聞いていましたが、これは江夏詩織のことを歌っていたのでしょう。

万が一、この曲をFNS歌謡祭で歌ったら、強烈な皮肉になるのではないでしょうか^^;

一方、江夏詩織も黙ってはいなかったようで、SNSなどを通じて

「彼を自由にしてあげてほしい」

「あなたのような人だと彼の才能をつぶしてしまう」

彼にふさわしいのは私

といったメッセージを送ってきていたといいます。

また、江夏詩織は自身のインスタにおいて、

「さくらんぼだいすき」

と投稿してみたり、女性誌のインタビューでは「一番夢中なのはスライム作り」とコメントしたりと、SUとの不倫をしっかり匂わせていました。

江夏詩織のインスタが炎上!

こうした攻防を繰り広げていた大塚愛ですが、最終的には子供のことを考えて離婚に踏み切りました。

それを発表したのが2018年11月21日なのですが、同日に江夏詩織もインスタを更新。

そこには、大塚愛の公式サイトにある画像と同じポーズをとる江夏詩織の写真がアップされています。

この「勝った」といわんばかりの挑発に、大塚愛のファンをはじめ多くの人が不快感を持ったようで、江夏詩織のインスタには抗議のメッセージが多数寄せられ、大炎上となりました。

当然、この騒ぎはSUの耳にも入っているはずなのですが、それを野放しにしているあたり、だらしないというか、「人としてどうなの?」という疑問がでてきますよね。

12月12日のFNS歌謡祭に大塚愛が出演しますが、おそらく多くの同情の声が集まるでしょう。

と同時に、再び江夏詩織やSUへのバッシングが吹き荒れるかもしれません。

一連の騒動でリップスライムは事実上の活動停止になっていますし、江夏詩織も芸能界から干される可能性があります。

それは本人たちも分かっていたと思いますが、それでも狂気の行動をみせるあたりが、人の恐ろしさなのかもしれませんね・・・

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。