土屋太鳳が嫌われる理由をアンケート!性格が悪い、声、顔がでかい等

映画「累」が爆死だった土屋太鳳

巷ではかなり嫌われるているようですが、実際のところ土屋太鳳の何が問題なのか、その嫌われる理由を500人の男女にアンケートしてみました。

その結果、性格が悪い、声が嫌い、顔がでかいなどの意見が多かったようです。
<スポンサーリンク>



土屋太鳳が嫌われる理由をアンケート!

今回は「土屋太鳳が嫌い」又は「あまり好きではない」と答えた男女500名を対象に、その嫌いな理由をアンケートしてみました。

アンケート対象は18~39歳の男女(男性:242、女性:258)で、事前アンケートにより、「土屋太鳳が嫌い」又は「あまり好きではない」と答えた人です。

(ちなみに、土屋太鳳が嫌い又はあまり好きではないと答えた人は全体の28%いました)

土屋太鳳が嫌われる理由1位:性格が悪い

嫌われる理由の1位となったのは、「性格が悪い」でした。

ただし、これには「ぶりっ子」「あざとい」「男にベタベタする」なども含まれており、広い意味での「性格」ということになります。

「『けんたお』と呼ばれて山崎賢人とベタベタしているのをみて、常識がない人だと思った」(28歳女性)

「どの番組に出てもぶりっ子で、自分を可愛く見せようとキャラを作っているように感じる」(24歳女性)

「ぶりっ子が酷い。もっと普通にしていられないのだろう」(34歳男性)

土屋太鳳が嫌われだしたきっかけの一つが、山崎賢人と親しくし過ぎたことだと言われています。

共演することが多かった二人は取材や番宣でベタベタすることが多く、プライベートでも仲が良いと告白。

その一方で交際は否定していたため、「あざとい」「男にベタベタする」などのイメージが強くなったようですね。

土屋太鳳が嫌われる理由2位:声

嫌われる理由の2位となったのは、「」でした。

ただし、これには喋り方も含みます。

「バラエティー番組などをみていると、わざとか細い声で話しているようにみえる」(21歳男性)

「天然や清楚といったキャラ作りを考えながら声をあえて高くしていると思う」(36歳女性)

「ドラマでは早口でも喋るのに、バラエティになると急にゆっくりになる」(29歳女性)

「女子高生でもないのに声を高くして出している感じがイラっとする」(25歳男性)

土屋太鳳の声といえば、若干アニメ声にも聞こえますよね。

それがバラエティー番組になると、さらに酷くなる印象があります。

そこに加えて、「あざとい」「こびている」といった印象を持ちながら観てしまうことで、不愉快に感じる人が多いようです。

嫌われる理由1位の「性格が悪い」と2位の「声・喋り方」はリンクしているのかもしれませんね。
<スポンサーリンク>



土屋太鳳が嫌われる理由3位:顔がでかい

嫌われる理由の3位となったのは、「顔がでかい」でした。

この回答をしたのは男性に多く、「主演クラスの女優はもっと可愛くあってほしい」という願望が隠れているようです。

「エラがはってて、顔がでかい。ドラマでアップになるシーンはみていられない」(27歳男性)

「チアダンでは土屋太鳳の顔のデカさが際立っていた。なのに『私、可愛いでしょ?』と言いたそうな感じがするのが嫌」(38歳男性)

「髪をおろしている時はいいけど、後ろで結んでいると顔がデカいのが目立つ。主演女優はもっと華のある王道の美形が良いと思う」(26歳男性)

「これだけ顔が大きいと、まったく可愛いくない。むしろちょっと可哀想な気がする」(30歳女性)

ネット上に掲載される土屋太鳳関連のニュース。

そのコメント欄をみると必ずと言っていいほど指摘されているのが、「顔がでかい」という点です。

おそらく本人も自覚しているとは思いますが、男性視聴者としては、「主演にふさわしいルックスではない」と感じているようです。

土屋太鳳が嫌われる理由:4位以下は・・・

1位から3位の結果をみて納得した人も多いと思いますが、4位以下にもそれなりにうなづける理由が続きます。

4位:CMがイラっとする(ブーン、雪見だいふく、爽健美茶)

5位:ゴリ押しが酷い・映画に出過ぎ・メディアの持ち上げ記事にうんざり

6位:女子高生姿が痛々しい

7位:自慢げにダンスをする

8位:体型が太い・スタイルが良くない

9位:インスタの長文投稿がウザい

10位:演技が下手

<スポンサーリンク>



以前、ダイハツの車「ブーン」のCMで土屋太鳳がダンスを披露していたのですが、このCMがすこぶる不評でしたよね。

土屋太鳳バージョンで何パターンが制作されましたが、現在ではイメージキャラクターが篠原涼子に変わっています。

やはり不快感を持った人が多かったのでしょうね^^;

その他、「ゴリ押し」「ダンス」「女子高生姿」なども、度々指摘される点だと思います。

もっとも、これらは土屋太鳳本人というより、そんな仕事をとってくる所属事務所の問題な気がしますが・・・

さて、すっかり嫌われている土屋太鳳ですが、仕事の方は順調なようで、2018年10月期のドラマ「下町ロケット」に出演するほか、2018年12月14日公開の映画「春待つ僕ら」で主演を務めます。

また、2018年12月30日放送予定の第60回輝く!日本レコード大賞では司会に抜擢されています。

レコード大賞でなぜ土屋太鳳が司会なのか?そもそもあの声と喋り方で大丈夫なのか?等々、疑問に思う人も多いと思いますが、それでも仕事があるというのが、芸能界の不思議なところですよね(笑)
<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。