広瀬すずの2018紅白司会はなぜ?朝ドラPRも炎上発言で嫌われている

2018年紅白歌合戦の司会が発表され、紅組は2019年の朝ドラ主演が決まっている広瀬すずが務めることになりました。

しかし、司会は初めてであり、過去には炎上発言もあったことから、どんな失態をやらかすか不安視されています。

そもそも、「広瀬すずが嫌い」という人は多いのではないでしょうか。
<スポンサーリンク>



2018年の紅白歌合戦、司会は紅組広瀬すず、白組櫻井翔

大晦日の国民的歌番組、紅白歌合戦。

それだけに毎年、「誰が司会を担当するのか」が話題となりますよね。

2018年に関しては、早い段階から総合司会が内村光良と桑子真帆、白組は嵐の誰かだと予想されていました。

実際その通りだった訳ですが、紅組に関しては、広瀬すずの他、朝ドラ「半分、青い。」で主演を務めた永野芽衣や、2019年の大河ドラマ「いだてん」に出場する綾瀬はるかの名前があがっていました。

そんななか、最終的に紅組司会に選ばれたのは広瀬すずでした。

2019年朝ドラ「なつぞら」で主演を務めるので、NHKとしてはPRするためなのでしょうが、

「広瀬すずが司会?」

「できるのか?」

なぜまともな司会者を選ばないのか?

などとネット上で批判がでているようです。

実際、広瀬すず自身も「本当にどうして良いのか分からないというのが、今の正直な気持ちです」と語っています^^;

広瀬すずには喋りが上手というイメージはありませんし、機転の利く対応ができるイメージもありませんよね。

かといって、綾瀬はるかのような天然で場を和ませる特技もないと思います。

なので、朝ドラのPRという名目がなければ、決して選ばれなかったことでしょう^^;

「なぜ紅組司会が広瀬すずなのか?」と問われたNHK制作局エンターテインメント番組部の二谷裕真部長は、

「20歳の若さながら、人気と実力を兼ね備えた女優として、これまで数多くの映画・ドラマ・CMに出演されています。来春、連続テレビ小説100作目『「なつぞら』でヒロイン・奥原なつ役として“NHK の顔”となる広瀬さんには、フレッシュな魅力いっぱいに、力強く紅組を引っ張っていただきたいと考えています」

と語っているのですが、このコメントをよく読むと「なぜ?」という問いへの答えにはなっていませんよね(笑)

過去に炎上発言の広瀬すずは紅白でも大失態を犯す?

<スポンサーリンク>



NHKの二谷裕真部長は広瀬すずのことを「人気と実力を兼ね備えた女優」と表現していますが、実際のところ、広瀬すずにはかなりの数のアンチがいますよね。

そして、ここまでアンチが増えてしまった理由が、過去に度々あった炎上発言です。

例えば、バラエティー番組「VS嵐」に出演した際には、リーダーの大野智(34歳)に対して、「40歳くらいかと思った」と発言。

すると番組を観ていた嵐のファンが激怒し、広瀬すずのSNSが炎上しました。

また、バラエティー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」の人気企画「食わず嫌い王決定戦」に出演した際は、音声スタッフに対して、「どうしてこの仕事を選んだんだろう」と発言。

この裏方スタッフをバカにしたような言い方によって、番組視聴から多数の苦情が寄せられる事態になっています^^;

広瀬すずは機転の利くタイプではありませんし、あえて皮肉を言って笑いをとるタイプでもありません。

つまり、炎上発言をした瞬間は本当にそう思っていたことになります。

このような不適切な発言が多いだけに、「紅白でもなにかやらかすのではないか?」と心配されているようです^^;

ちなみに、「食わず嫌い王決定戦」の炎上発言には後日談があります。

騒ぎがあまりにも大きくなったことを受けて、広瀬すずはSNS上で謝罪していているのですが、その投稿はパソコンから行われたことが画面表示から分かっています。

ところが、広瀬すずは普段携帯から同SNSに投稿しており、パソコンは使用していないのです。

このことから、「謝罪は事務所スタッフが書いたもので、本人はまったく反省していないのでは?」と、再び炎上しています。

そもそも、広瀬すずは人気があるのか?

<スポンサーリンク>



NHK側は広瀬すずのことを「人気と実力を兼ね備えた女優」と表現し、その人気にあやかって朝ドラ「なつぞら」の主演にしていることでしょう。

もちろん、紅白で司会を任せるのも、「なつぞら」のPRであると同時に、広瀬すずに人気があると判断してのことだと思います。

がしかし、前述の炎上発言などによって、「広瀬すずは嫌い」「性格が悪そう」等とコメントする人が大変多く、現在では「嫌いな女優ランキング」の常連となってしまっています。

それを物語るように2018年1月期に出演したドラマ「anone」は平均視聴率6.1%と大爆死でした。

放送前には「広瀬すずが久しぶりに連ドラ出演!」とかなり力をいれたPRが展開されていましたが、それでもこの視聴率だった訳で・・・

紅白の司会を務める能力があるかどうかの前に、そもそも大勢の視聴者が広瀬すずのことを嫌っている可能性がありますよね^^;

2018年の紅白歌合戦は「目玉がない」と指摘されていますが、広瀬すずが紅組の司会ということで、余計に「紅白はみない」という人が増えるかもしれませんね。

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。