BTSは反日確定?原爆TシャツでMステに続き紅白やFNS歌謡祭も白紙

メンバーの一人が原爆をデザインしたTシャツを着用していたことで反日だと批判されているBTS

11月9日のMステへの出演が前日に取り消されましたが、内定と言われていた紅白歌合戦やFNS歌謡祭への出演も白紙になったようです。
<スポンサーリンク>



BTS、Mステに続き紅白歌合戦やFNS歌謡祭も出演なし

原爆Tシャツ問題でMステへの出演が取り消されたことが話題となっているBTSですが、どうやらこの問題はさらに大きくなりそうです。

スポニチアネックスが報じたところによると、NHK紅白歌合戦は初出場が内定していたもの、オファーが見送られたとしています。

また、12月5・12日放送のフジテレビ「FNS歌謡祭」も出演を打診していたそうですが、11月9日までにオファーを撤回。

さらに、12月下旬放送予定のテレビ朝日「ミュージックステーション・スーパーライブ」も出演が見送られることになったそうです。

現在BTSはドームツアー中で、11月13,14日は東京ドーム、11月下旬に大阪、2019年1月に名古屋、同2月に福岡でライブを行うことになっていますが、一部では

「また来日をキャンセルするのではないか?」

BTSに場所を提供するのはおかしい

「会場前で抗議運動が起きるかも」

などと、ドームツアーの実施そのものを危ぶむ声もあるようです。

また、ネット上では、

「ここまでされてもBTSを応援する日本人がいることが残念

「被爆者遺族の気持ちを考えられない若者が多すぎる」

など、日本にいるBTSファンへ疑問も多数みられます。

実際、BTSといえば、秋元康とのコラボを一方的にキャンセルしたこともありますから、今回の原爆Tシャツ問題と合わせて考えると、日本での今後の活動はかなり難しいものになりそうですね。

BTSの反日は確定か

<スポンサーリンク>



BTSに関しては、以前から反日姿勢が強いという指摘がありました。

日本のファンとしては、「そんなことはないはず」と思っていたようですが、今回のMステ出演キャンセルに関して、非常に気になる点があります。

BTSに原爆Tシャツ問題が浮上したことで、テレビ朝日側は事前にそのTシャツを着た意図を問い合わせたと言っています。(テレビ朝日公式HPに記載あり)

テレビ朝日側としてはBTSを11日のMステの目玉と考えていたでしょうから、できれば出演させたかったはずです。

だからこそ意図を問い合わせたのでしょうが、その結果として出演を取り消さざるを得なかったということは、BTS側からの回答が望ましいものではなかったということになりますよね。

つまり、BTS側に反日の意図がある、又は、事の重大さを認識していない可能性が高い訳です。

実際、BTS側からはMステへの出演がなくなったことの報告はあったものの、一連の騒動に関する公式なコメント(謝罪も含めて)はでていません。

こうなってくると、BTSが反日であることは疑いようがなく、これまで擁護してきたファンとしても残念なところでしょう。

もちろん、各テレビ局としては反日姿勢が明確なBTSを出演させる訳にはいかず、、、

前述のようにオファーが次々と撤回されたのにはそういう背景がありそうですよね。

韓国ではBTSを擁護する声が多い

<スポンサーリンク>



さて、日本人としては原爆Tシャツを着るような非常識さは許せないところであり、Mステの出演を取り消したテレビ朝日の態度を称賛する声が圧倒的に多いのですが、一方の韓国ではまったく逆の捉え方になっているようです。

例えば、「共に民主党」のホン・イクピョ首席報道官は、「日本の放送局が政治的な理由でBTSの出演を取り消したとすれば望ましくない」と語っています。

また、自由韓国党も論評にて「日本の偏狭な文化相対主義と自己中心的歴史認識に深刻な遺憾を表わす」と表明。

さらに、ユン・ヨンソク首席報道官は「BTSは日本国内でも人気がとても高いスターなのに、メンバーのうち1人が着たTシャツだけで出演を取り消したというのは日本の文化的低級さを端的に見せる行動。日本政府は放送掌握を通じた韓流叩きが世界的な物笑いの種になるだけだということを肝に銘じるよう望む」とコメントしています。

メンバーのうち1人が着たTシャツだけ』や『政治的な理由でBTSの出演を取り消した』など、原爆の悲惨さや残酷さを軽んじているようなコメントばかりですよね。

しかも政治家や政党のコメントとあって、被爆国日本としては耳を疑いたくなります。

巷では「第二次韓流ブームが到来している」等と言われていますが、前回の韓流ブームが終焉したのも政治的な問題からでした。

折り返しも徴用工問題も再燃しており、日韓の摩擦が激しくなっているタイミングでもありますから、これ以上話が大きくなると案外あっさりと第二次韓流ブームが終わるかもしれませんね。

政治と文化(音楽)は別次元の話ではあるのですが、その文化の担い手であるアーティスト本人が反日姿勢を打ち出しているとなると、話は変わってきます。

TWICEを始めとする多くのK-POPグループが日本で活躍していますが、下手をするとそれらのK-POPグループにも影響がでてしまうかもしれませんね。
<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。