2018紅白歌合戦総合司会発表!内村光良に期待、桑子真帆アナに不満の声

平成最後となる2018年の紅白歌合戦

その総合司会が内村光良とNHKの桑子真帆アナに決まりましたね。

紅組司会の広瀬すず、白組司会の櫻井翔と共に盛り上げてほしいところですが、内村光良に好意的な意見が多い反面、桑子真帆アナには不満の声が多いようです。
<スポンサーリンク>



2018年の総合司会も内村光良が担当

2017年の紅白歌合戦で総合司会を務め、欅坂46とコラボしたりコントを披露したりする姿が好評だった内村光良。

その内村光良が2018年の総合司会も務めることが発表されました。

昨年は、欅坂46とコラボした際に、隣で踊る平手友梨奈を「大丈夫?」と気遣うなど、その大人の対応が高く評価されていました。

また、紅白歌合戦初司会とはいえ、大物芸人らしく堂々としていて、生放送の難しさを感じさせない司会ぶりだったと思います。

内村光良本人は「二度とないことだと思っていたので本当に驚いています」とコメントしていますが、巷ではかなり以前から予想されていたことなので、多くの人が当然のように受け止めているようです。

実際、ネットでは、

「ウッチャン、今年も頼みます」

「ウッチャンのNHKへの貢献度はすごい」

「内村が司会なら大きな失敗はないと思う」

「またコラボしてほしい」

などの好意的な意見がほとんどとなっています。

国民的な番組である紅白歌合戦だけに、司会に本職のアナウンサーの起用を望む声もありますが、それと同等かあるいはそれ以上の評価を得ているのではないでしょうか。

2018年も和やか、かつ、スピーディーな司会を期待したいですね。

ちなみに、内村光良は昨年の紅白歌合戦での司会ぶりが高感度をアップさせたようで、2018年「理想の上司」ランキングで1位に選ばれています。

もう一人の総合司会、桑子真帆には不満の声が多い

<スポンサーリンク>



内村光良と共に総合司会を務めるのがNHKでポスト有働由美子と期待されている桑子真帆アナです。

桑子真帆アナも2年連続の司会となる訳ですが、昨年は存在感が薄かったですよね。。。

事前の報道では「NHKの新エース!」「大抜擢」などと持ち上げられていましたが、いざふたを開けてみると、内村光良、二宮和也、有村架純の3人が前に出る形で、桑子真帆アナの出番はほとんどなかったように思います。

また、出番が少ない割には「噛みまくり」だったことも後日ネットで話題となっていました。

桑子真帆アナに関してはニュース番組のキャスターをしている時から、「よく噛むなぁ」という指摘が多かったのですが、昨年の紅白歌合戦では特にひどかったですよね^^;

記憶しているだと、オープニングのゲスト審査員を紹介する時に数回噛み、最後の締めのセリフでも噛んだように思います。

「天然で可愛いらしい」と思っている男性ファンも多いようですが、アナウンス力に関しては決して高くはないようです。

桑子真帆は平昌五輪でも酷かった

<スポンサーリンク>



昨年の紅白歌合戦では噛むことが多かった桑子真帆アナ。

そのアナウンス力に不満の声があがっていますが、そのわずか2ヵ月後に行われた平昌五輪開会式でも酷かったですよね。

2018年2月9日の開会式を現地から生中継している時に、「閉会式」と言い間違えたことは、もはや伝説となっています(笑)

さらに、テンションが上がっていたのか、BGMでK-POPがかかる度に、「○○を思い出しますね~」「これは△△ですね」と、得意げに熱弁。

他の曲の時はスルーしていたことから、

「桑子真帆アナは単にK-POPが好きなだけ

「アナウンサーとして未熟」

「自分の趣味を生中継で押し付けるな」

「K-POPの話が聞きたい訳じゃない」

「NHKのレベルがこの程度なのか」

などとリアルタイムで批判されることとなりました。

前述の「閉会式言い間違え事件」と合わせて視聴者から苦情が殺到したのか、後日局内の上司からひどく怒られたと言われています。

実際、開会式以降はほとんど競技中継に出てこなくなったことから、

「桑子アナが消えた!」

「一時的に干された」

などの噂が飛び交ったほどです。

こうして考えると、桑子真帆アナはバラエティー番組向きであって、生中継や報道には向いていないのかもしれませんね^^;

桑子真帆アナもそれを自覚しているのか、昨年紅白歌合戦の総合司会に抜擢された時は、「私でいいのかな?」とコメントしています。

桑子真帆アナの大抜擢には新エースに育てたいというNHK側の意向が見え隠れしている訳ですが、2017年の紅白歌合戦、平昌五輪と立て続けに不評だっただけに、「まだまだエースと呼ぶには早すぎる」といった意見が大半のようです。

2018年の紅白歌合戦では平昌五輪での失敗を含めてリベンジしたいところなのでしょうが、内村光良が名司会を見せればみせるほど、隣にいる桑子真帆アナの粗が目立ってしまうかもしれませんね。

2018年の紅白歌合戦に関しては紅組司会の広瀬すずに対しても疑問の声が上がっており、またしても内村光良頼みの司会進行になるかもしれませんね。

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。