帽子事件で消えた大島優子が留学から帰国!現在は需要なしで嫌われている?

約1年間海外留学していた大島優子が帰国したことを報告しました。

須藤梨々花に対して帽子で暴言を吐いて以来しばらく表舞台から遠ざかっていますが、ネットでは「もはや需要がない」といった厳しい意見が続出しているようです。

そんな大島優子は現在どんな仕事をしているのでしょうか。
<スポンサーリンク>



大島優子が海外留学から帰国。何をしていたのか?

10月23日、大島優子がインスタを更新し、「ただいまだよ。30歳になったよ」と帰国したことを報告しました。

最近はほとんどインスタが更新されていなかったようで、ファンにとっては嬉しいところでしょう。

とはいえ、多くの人からは、「そもそも海外で何をしていたの?」という疑問が出ているようです。

たしかに、急に海外留学が決まり、あっという間に渡航していった印象がありますよね。

その後何の説明もなかったことも「何をしに行ったんだ?」と指摘される要因となっていました。

そんな大島優子の海外留学について所属事務所は、「見聞を広げるための渡航で、帰国は事実」と語っています。

どうやら約1年間に渡って語学を中心に幅広く見聞を広げていたという説明のようですが、留学直前の出来事を考えるとこの説明は苦しいように感じますよね^^;

大島優子は帽子事件で海外逃亡していた?

<スポンサーリンク>



その留学直前の出来事といえば、ご存知「帽子事件」ですよね。

2017年のAKB総選挙においてステージ上で卒業と結婚を発表した須藤梨々花に対して各方面から非難の声があがる中、もっとも強く非難したのが大島優子でした。

卒業生として許せなかったのでしょうが、その気持ちを「F●CK」と書かれた帽子を被って表現してしまいました。

騒動の発端は須藤梨々花にある訳ですから、卒業生としてそれをたしなめるのは分かりますが、さすがに「F●CK」はマズいですよね^^;

大島優子は日本とアメリカのハーフを母親にもつクォーターですからこの単語がいかにNGであるかは純粋な日本人よりもよく分かっていたはずなのですが・・・

結局、この失態がもとで須藤梨々花と同等かそれ以上に非難されることとなってしまいました。

大島優子が海外留学に出発したのはそれから2か月も経たない頃でしたから、巷では「ほとぼりが冷めるまで海外に逃げた」と噂が立つことに。

たしかに、それまで留学の噂などは一切なかったので、突然決めて急いで旅立っていった印象がありますよね。

さらに海外で何をしているのかも明確に語られていませんでした。

これでは海外逃亡と受け取られても仕方がない気がします^^;

海外留学から帰国した大島優子だが需要がない?

<スポンサーリンク>



海外留学前の大島優子といえば女優として活動していました。

「SPEC」シリーズに出演したり連続ドラマにゲスト出演したりしながらキャリアを積み、2017年1月期のドラマ「東京タラレバ娘」にはレギュラー出演。

居酒屋のダサい娘を演じ、一定の評価を受けるまでになっていました。

がしかし、それから数ヶ月後には帽子事件があり、さらにその2ヶ月後には海外留学となったことで、現在ではすっかり影が薄くなりましたよね。

この1年で同じく元AKBの川栄李奈が女優として台頭してきたので、尚更存在感がなくなってしまいました。

そんなことからネットでは

今さら帰国しても需要がない」

「あっちゃんみたいにさっさとデキ婚した方が良い」

「帽子の一件でイメージが悪すぎる」

「もともとAKBを卒業したらやっていけないタイプ」

などの意見がでているようです。

海外留学が本当に見聞を広めるためだったのかどうかは分かりませんが、帽子事件以来イメージが悪くなったのは事実であり、現在では嫌われていると考えても良いかもしれません。

AKB卒業直後からあまり評判が良くなかったのですが、帽子事件がそれに拍車をかけてしまったようですね。

その後1年以上も表舞台から遠ざかっていたことで、現在では「需要がない」とまで言われてしまっています。

芸能界は浮き沈みが激しいので仕方ないかもしれませんね。。。

大島優子の現在の仕事は?

さて、「需要がない」と指摘されている大島優子ですが、所属事務所は大手の太田プロダクションです。

なので、帰国早々それなりに仕事が決まっているようです。

本人が報告したところによると雑誌「VoCE」の撮影をしたそうで、間もなく発売されるのでしょう。

また、2019年1月9日からは東京・渋谷のシアターコクーンで舞台「罪と罰」に出演予定とのことです。

これらの仕事をこなすのに海外留学が必要だったとは思えませんが、とりあえずスケジュールは埋まってきているようですね。

とはいえ、まだまだ逆風が吹いているようですし、需要そのものに疑問符がついているようなので、しばらくは大きな役はもらえないかもしれませんね。

後は事務所の力がどこまで働くか、そして本人が底辺から這い上がるだけの努力をするかにかかってきそうです。

(AKB時代に応援していたファンは支えてあげないのでしょうかね?こういう時こそ応援すべきだと思うのですが、もはや大島優子には興味がないのかもしれませんね)

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。