視聴率急落のドラマドロ刑。感想欄に面白くない、中島健人の演技が下手の声

ジャニーズの中島健人主演で放送されているドラマ「ドロ刑」

人気漫画が原作ということで期待されていましたが第二話にして早くも視聴率が急落しています。

視聴者による感想コメントをみると「面白くない」「中島健人の演技が下手」等の声が多いようです。
<スポンサーリンク>



ドラマ「ドロ刑」の視聴率が急落!

初回を視聴率11.8%という好スタートをきったドラマ「ドロ刑」。

これは前クールの「サバイバルウエディング」が初回視聴率10.4%だったことを考えるとかなりの好スタートだったと思います。

人気漫画が原作ということでそのファンを上手く取り込んだことが高視聴率の要因の一つだったと思われるのですが・・・

ドラマ「ドロ刑」の第二話視聴率は8.6%と3.2%もダウンしてしまいました。

「サバイバルウエディング」が第二話で10.8%(全話で最高視聴率)でしたから、一気に評価が逆転した形となっています。

3.2%のダウンとなるとかなりの下げ幅となるのですが、視聴者の感想を見てみると想定通りだと考えている人が多いようです。

実際にドラマ「ドロ刑」の感想欄を見てみると、

「2話目にしては大きなダウンだけど面白くないから仕方ない」

「どの視聴者層をターゲットにしてるのかすごく曖昧なドラマ」

ふざけた刑事ドラマはやめたほうがいい」

「原作のキャラを無視しすぎだから妥当な結果」

原作へのリスペクトがない。原作ファンは絶対観ない」

「ポップな感じにしている割にまったく笑えない」

などの感想が数多く見られます。

もちろん「面白かった」という意見もあるのですが、感想欄の大筋をまとめると「原作と設定が違い過ぎている」ことが原作ファンの離脱原因のようです。

たしかにこれは指摘されても仕方ないかもしれませんね。

何しろ原作では「熱血漢のゴツイ刑事とクールな泥棒」という設定になっているので、中島健人も遠藤憲一もまったくイメージが合っていないんです^^;

これに関しては「ジャニーズアイドルである中島健人を主役にするために強引にキャラ設定を変えた」と言われており、ジャニーズを重宝するいかにも日本テレビらしい作り方となっています。

ドラマ「ドロ刑」。遠藤憲一の演技には称賛がある

<スポンサーリンク>



ドラマ「ドロ刑」の感想欄では遠藤憲一の演技に対する称賛の声も数多くでています。

「エンケンは何もやって演技が上手い」

「遠藤憲一が出てるから観てる。もっと活躍してほしい」

遠藤憲一の演技が中島健人を支えている

「原作とはイメージが違うけど別物としてみるとエンケン最高」

などの感想が多く、さすが名バイプレーヤーといった感じですね^^

芸歴の長い遠藤憲一ですが、ここ最近の人気ぶりをみると今が絶頂期なのではないでしょうか。

ドラマ「ドロ刑」。中島健人の演技は下手だと酷評

<スポンサーリンク>



遠藤憲一の演技が称賛される一方で、感想欄には中島健人の演技に対する厳しい指摘が続出しています。

「中島が刑事って容姿から無理がある」

「中島健人の演技がどうも鼻につく」

「もっと自然に演技できないのか?」

「ジャニーズじゃなく、キチンとした俳優なら見てた」

アイドル演技にしても下手すぎる

「ふざけた演技にしか見えない」

「演技というより素の中島健人」

「いい加減にジャニーズをドラマの主演にするのはやめてほしい

等々、厳しい意見ばかりで一部のジャニーズファンからの応援メッセージ以外は良い感想は見られませんでした。

原作とは異なるキャラ設定ということで演出家の方からキャラのイメージを指示されているはずです。

それであのアイドル感まるだしの演技になっているのでしょうから、中島健人の問題というよりも演出サイドの問題な気もしますが・・・^^;

とはいえ、以前主演を務めたドラマ「黒服物語」においてもあまり良い感想は出ていませんでしたから、仮に演出の方針が変わっていたとしても「演技が下手」だと指摘されていたかもしれませんね。

ドラマ「ドロ刑」、他局放送内容にも大きく影響された

第二話で視聴率が急落したドラマ「ドロ刑」ですが、裏ではフジテレビが映画「ミックス」を放送していました。

新垣結衣主演のヒット映画ということでそちらに流れた視聴者もいたことでしょう。

土曜日は大型の特番が入りやすく、その度に視聴率が削られるというのは前クールの「サバイバルウエディング」でもあったことですよね。

これから年末に向けてそういった特番が入りやすくなっていくので、余計にドラマ「ドロ刑」の視聴率に影響しそうです。

ちなみに、10月27日の第三話では裏でテレビ朝日がフィギュアスケートグランプリシリーズカナダ大会を放送します。

人気のある宇野昌磨選手が出場しますからこれまた大きく視聴率に影響しそうですね。

すでに離脱してしまった原作ファンが戻ってくるとは思えず、視聴者からの感想も「面白くない」というものが多いので、これから最終回に向けてさらに厳しい状況が続くのではないでしょうか。

題材としては良いだけに、中島健人に固執せず、原作に忠実な実写版にしてほしかったですよね・・・

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。