黒木瞳がドラマ黄昏流星群に出演!娘の事件で性格が嫌いと批判される

すでに58歳ながらもまだまだ綺麗な黒木瞳

映画「失楽園」に出演した頃は大人気だったのですが、娘の事件が報道されてからは「性格が嫌い」と言われることが多いようです。

そのせいかドラマ「黄昏流星群」のコメント欄にも批判が集まっています。
<スポンサーリンク>



ドラマ「黄昏流星群」の黒木瞳と中山美穂のイメージが悪い

これまで芸能界ではちょっとしたスキャンダルでイメージを悪くして人気を落とした人が大勢いますよね。

例えば香里奈は大また開きの写真が出たことで一気にドラマの仕事がなくなりましたし、剛力彩芽も彼氏との様子をSNSにあげ続けていることで評判が悪くなっています。

これらのことは仕事がなくなくるばかりか、たとえ番組に出演しても視聴者から批判されてしまうことになるのですが、そんな批判される出来事があった女優が二人揃っているのがドラマ「黄昏流星群」です。

その一人目は中山美穂

「黄昏流星群」では主人公の妻としてメインキャストになっているのですが、過去には離婚し親権を放棄しています。

これが世間的には「不倫して子供を捨てた」と捉えられており、現在に至ってもそれを理由に批判されています。(「黄昏流星群」のコメント欄でも散々叩かれています)

そして二人目が黒木瞳です。

「黄昏流星群」では主人公の不良相手としてこれまたメインキャストになっているのですが、「娘の事件をもみ消した」「性格が嫌い」などと言われ、かなりイメージが悪いようです。

ドラマ「黄昏流星群」ではどういう意図なのか世間的にイメージの悪い女優がメインキャストに二人も揃ってしまったのですが、案の定初回視聴率は7.3%と低調でした。

ストーリーは悪くないですし主演も人気俳優の佐々木蔵之介ですから、やはり中山美穂と黒木瞳のイメージの悪さが影響していると考えるのが妥当でしょう。

黒木瞳の娘の事件とは?

<スポンサーリンク>




それでは、黒木瞳が「性格が嫌い」と非難されている娘の事件とはいったいどんなものだったのか?

それが報じらたのは2012年5月下旬のことでした。

某週刊誌が青山学院中等部で怒ったイジメ(ほぼレイプ事件)を報じました。

当時の記事によると、女子生徒と男子生徒のグループが、同級生の女子生徒を構内にある女子トイレの個室に追い込んだあげく、その個室内で女子生徒の衣服をはぎ取り携帯で撮影していたというのです。

衣服をはぎ取ったのは男子生徒でしたが、この生徒は主犯格の女子生徒から2万円を受けて取っていたとも書かれています。

この事件は被害にあった女子生徒が親に相談したことで明るみに出ました。

当時は関係者がまだ中学生であることから実名は報道されませんでしたが、週刊誌には主犯格の女子生徒は某大物俳優の娘と書かれていました。

そこまで書かれると「一体その大物女優は誰なのか?」と大変気になる訳で、多くの人が調べ始めました。

その結果、この大物女優が黒木瞳であり、主犯格の女子生徒は黒木瞳の娘・伊知地萌子だという結論に達しています。

黒木瞳は娘の事件をもみ消した?!

<スポンサーリンク>




さて、週刊誌がとりあげたことで大きな騒動となったこの事件ですが、その後の学校の対応には疑問が残ります。

服をはぎ取った男子生徒は退学になっていますが、黒木瞳の娘・伊知地萌子を含むそれ以外の加害者生徒は3日間の停学処分で済んでいるのです。

なおかつ、被害者である女子生徒も停学となっています。

「なぜ被害者も?」と不思議に思いますよね^^;

その問いに対して学校側はあくまでも喧嘩両成敗であるという認識を示し、

「みなさんも昔、好きな女の子のスカートをめくったことあるでしょ? その延長ですよ。何も心配することはありません」

とコメントしています。(何かおかしいような気もしますが・・・)

このように不可解な処分だった訳ですが、その背景にはお金が絡んでいるとの噂があります。

実は加害者側の生徒達の親は全員が富裕層だったんですよね。

その筆頭が黒木瞳であり、学校側に多額の寄付金をして事件を沈静化させたのではないか?と言われています。

黒木瞳は娘の事件の前から、学校に超高級車で送り迎えしたり、御節料理かと思えるほど豪華なお弁当を持たせたりと何かと娘にお金をかけていたことが分かっているので、多額の寄付をしたという話も充分にあり得ることだと思います^^;

さらにいうと、黒木瞳の夫は広告代理店電通の幹部社員です。

当然、多くのマスコミ関係者と繋がっている訳ですから、娘の事件に対する報道が過熱しないように手をまわすこともできたはずです。

週刊誌の記事で名前が伏せられていたことから表向きは黒木瞳の娘の事件としては扱われておらす、黒木瞳による謝罪会見もありませんでした。

つまり、娘が陰湿なイジメをするような甘い教育をし、いざ事件が起こったお金の力でもみ消したという訳です。(確定はしていませんがその可能性が高いかと・・・)

こうした一連の報道が出たことで、「黒木瞳は嫌い」「親として性格がおかしい」「娘の事件をもみけした」と言われるようになり、大幅にイメージがダウンしました。

事件後、黒木瞳の娘はどうなった?

イジメ事件の主犯格とされている黒木瞳の娘ですが、事件後、慶応ニューヨーク学院に転校しています。(おそらくマスコミによる追加取材を避けるためでしょう)

そしてほとぼりが冷めた頃に帰国し、宝塚音楽学校を受験しています。

もちろん黒木瞳の影響を受けてのことだと思いますが、なんと3回受けてすべて不合格となり、最終的には年齢制限のために受験資格を失っています。

この時の娘の写真が流出したのですがそれをみた人からは

「鼻が変だった」

ブサイクだった

などの声がでていました。(現在では娘の写真はネット上から削除されています)

宝塚の受験資格を失って以降の娘に関してはまったく情報がありませんが、それまでの黒木瞳の教育方針から察するに、どこかで甘やかされて暮らしているのではないでしょうか。

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。