ドラマドロ刑の中島健人は演技が大げさで下手。ミスキャストで残念

10月13日、ドラマ「ドロ刑」がスタートしました。

主演を務めるのはSEXY ZONEの中島健人(共演は遠藤憲一)なのですが、放送前から「ミスキャスト」「中島健人は演技が下手」「いつも大げさ」などの指摘がでていました。
<スポンサーリンク>



中島健人主演ドラマ「ドロ刑」がスタート

ドラマ「ドロ刑」は週刊ジャンプで連載中の福田秀氏による同名漫画が原作です。

刑事と泥棒という立場が正反対の二人がコンビを組んで事件を解決していくストーリーとなっています。

主人公は「公務員は安定している」という理由で警察官になっただけで正義感もやる気もない若手警察官・班目 勉(中島健人)です。

第一話ではあらゆる課でお荷物扱いとなっており、本人も自分が警察官に向いていないと諦めている様子が描かれていました。

そんな主人公になぜか目を付け協力を申し出るのは誰もその姿を見たことがないという伝説の大泥棒・通称:煙鴉(遠藤憲一)です。

刑事としての素質の片鱗をみせながらも未熟きわまりない中島健人を遠藤憲一が頭脳的にサポートしていましたよね。

そんなストーリーが日本テレビの公式サイトでは「新感覚刑事ドラマ」と表現されていました。

もっとも、刑事と泥棒のコンビという設定は古くからあり、代表的なところではエディ・マーフィー主演の映画「48時間」などがありますよね^^;

中島健人主演ドラマ「ドロ刑」はミスキャストが酷い

<スポンサーリンク>



さて、設定上は面白そうなドラマ「ドロ刑」ですが、実は放送前から「ミスキャストだ」と多くの批判が出ていました。

ドラマ「ドロ刑」は同名の漫画が原作となっているのですが、その原作によると主人公は熱血体育会系で筋肉隆々、煙鴉を捕まえることに執念を燃やしているというキャラクターなんですよね^^;

これは中島健人とは見た目がまったく異なりますし、第一話を観ても煙鴉を捕まえることに執念を燃やしているような描写は出てきませんでした。(原作では、煙鴉の残り香の正体を突き止めるために大量のタバコを買い込んだりするほど熱心です)

また、遠藤憲一演じる煙鴉の方も原作とは随分イメージが違います。

原作の煙鴉はひ弱でのんびりしたキャラクターなのですが、ドラマでは強面でキレモノ、テキパキとした感じでしたよね。

このように原作とまったく違うイメージの人物がキャスティングされていることに、

「ドロ刑のキャストがミスキャストすぎる」

違和感の塊

「斑目(中島健人)のほうのキャラが全然違う」

などの指摘が出ていました。

もっとも、初回の放送を観る限りでは最初から原作に似せるつもりはなかったように感じられます。

これにはジャニーズタレントを起用しなければならないという日本テレビ上層部の都合と、人気漫画をドラマ化すれば視聴率を稼ぎやすいと考える現場サイドの都合が強引に組み合わさったような印象があります^^;

結果としてジャニーズファンは喜んでいるかもしれませんが、多くの原作ファンは残念に感じているのではないでしょうか。

ドラマ「ドロ刑」の中島健人は演技が大げさで下手

<スポンサーリンク>



原作と大きく異なるドラマ「ドロ刑」。

それでも作品として質が良ければ納得できるのでしょうが、初回の放送では中島健人の下手な演技が目立ちました

仕草が大げさでわざとらしい感じがしますし、シチュエーションとセリフにこめた感情が合っていなかったようにも感じられました。

中島健人をコミカルに描いていたのでなおさら大げさに感じられたのかもしれませんが、ちょっとふざけ過ぎている気もしますよね。

本来はもう少しマシな演技もできるのかもしれませんが、少なくともドラマ「ドロ刑」では演技が下手に見えて仕方ありません^^;

もっというと、遠藤憲一の演技が上手いというのも中島健人が下手に見えてしまう理由の一つだと思います。

中島健人の演技が下手で大げさなのは以前から指摘されていた

中島健人の演技が下手だと言われるのは「ドロ刑」が初めてではありません。

2013年4月期のドラマ「BAD BOYS J」や2014年10月期のドラマ「黒服物語」、2015年12月22日 – 23日のドラマ「黒崎くんの言いなりになんてならない」に出演した際も、「演技が下手」「大げさでわざとらしい」などの指摘が出ていました。

一部のファンからは「それげケンティーのキャラなんだから狙い通り」といった擁護の声も出ていましたが・・・

うーん、どうなんでしょう。

最終的に良いドラマにならなければ意味がない訳で、その意味ではキャラがどうこうという問題ではないように思います。

現状の演技力だと深夜枠でジャニーズファン向けに主演を務めるのなら良いのかもしれませんが、プライムタイム枠での主演となると、批判が多くなってしまうかもしれませんね。

(それでも中島健人にドラマ主演が続くのはさすがジャニーズという感じがしますが^^;)

ドラマ「ドロ刑」はミスキャストという点でも批判されていますから、このままだと視聴率はかなり厳しい結果になってしまうのではないでしょうか。

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。