野村周平は嫌われている?主演ドラマ「結婚相手は~」の視聴率爆死!

SNSでのコメントが度々炎上している野村周平

そのせいか一時期ほどの人気はなくむしろ嫌われていると言われています。

そんな野村周平が主演を務めるドラマ「結婚相手は抽選で」がスタートしましたが、視聴率は爆死レベルだったようです。
<スポンサーリンク>



野村周平主演ドラマ「結婚相手は抽選で」

2018年10月期のドラマ「結婚相手は抽選で」が10月6日にスタートしました。

主演を務めるのは若手イケメン俳優の野村周平です。

前回の主演作品だった「電影少女」では学生の役でしたが、「結婚相手は抽選で」では過度の潔癖性で、女性に全くモテないオタクのシステムエンジニアの役を演じています。

少子化対策のために「抽選見合い結婚法」が制定され、25歳から39歳の独身男女は、抽選でお見合いをしなくてはならなくった世界を舞台に、様々な理由でモテていない男女を描いていくドマラとなっています。

ヒロインは高梨臨(サッカー日本代表槙野選手の奥さん)が務める他、大谷亮平や佐津川愛美、若村麻由美がメインキャストを務めます。

こうしてみると、メインキャストは全員が演技派ですよね。

ドラマ自体も人気小説が原作となっており、深夜枠(フジテレビ系『オトナの土ドラ』)とはいえ、ヒット作になる要素はあると思います。

野村周平主演ドラマ「結婚相手は抽選で」の視聴率が爆死

<スポンサーリンク>



ドラマ「結婚相手は抽選で」は放送前の注目度いえばさほど高くはなかった印象があります。

とはいえ、最近人気上昇中の大谷亮平やドラマ「フリンジマン」での演技が好評だった佐津川愛美を脇役に据えており、それなりに安定した布陣になっていました。

これならそこそこの数字をとるかもしれないと思われていたのですが、第1話の視聴率は2.8%と爆死レベルでした。

前クールの「いつかこの雨がやむ日まで」(主演:渡辺麻友)の初回視聴率が2.9%で同枠の2018年ドラマの中でワーストだった訳ですが、それを0.1%下回り2018年ワーストを更新した形になっています。

ちなみに2018年に入ってからの同枠のドラマの初回視聴率は、

「家族の旅路 家族を殺された男と殺した男」(主演:滝沢秀明)4.0%

「いつまでも白い羽根」(主演:新川優愛)3.0%

「限界団地」(主演:佐野史郎)3.8%

となっていました。

また、同じ午後11時台に放送された7月期のドラマと比べると、

「探偵が早すぎる」(主演:滝藤賢一・広瀬アリス)3.9%

「dele」(主演:山田孝之・菅田将暉)5.5%

「ヒモメン」(主演:窪田正孝)4.6%

となっていますから、「結婚相手は抽選で」が如何に爆死レベルであったかが分かると思います。(渡辺麻友のドラマも同類ですが^^;)

野村周平は嫌われている?

<スポンサーリンク>



ドラマ「結婚相手は抽選で」のことを報じたネットニュースのコメント欄をみると、

野村周平が嫌われているのが数字に出ている」

「内容が退屈だった」

「野村周平は痛い発言が多いから苦手」

「主演に野村周平をキャスティングする意味が分からない」

などのコメントが沢山あり、野村周平個人のことが嫌いという人が多くいることが分かります。

最近ではSNSに投稿した喫煙している写真に批判がでましたし、それに反論したことでさらに炎上していました。

また過去にはロシアW杯でサッカー日本代表がとった作戦を批判して炎上したり、多くの人気女優と親し気な写真を投稿して炎上したりと、嫌われてしまう要素があまりにも多いですよね^^;

そのため、以前のイケメンという評価から一転して、すっかり嫌われ者となってしまったようです。

爆死レベルとなった視聴率はその嫌われ具合を如実に表しているのかもしれませんね。

野村周平の彼女、水原希子も嫌われている?

すっかり人気が落ちてしまった感のある野村周平ですが、実はその彼女(と思われている)水原希子も一時期と比べると随分と人気が落ち、最近では嫌われてきているようです。

実際ネットでは、

「水原希子と付き合うまでは人気があったのに・・・」

炎上カップル

「どちらも好きじゃない」

などのコメントも多々あります。

たしかに、水原希子も野村周平に負けず劣らず、度々そのSNSが炎上していますよね(笑)

そんな野村周平と水原希子は2015年の秋頃から交際していると言われています。

そして水原希子は同年4月期に放送されたドラマ「心がポキっとね」に出演していたのですが、この時の演技が「下手」「下品」「がさつ」等と大変な不評でした。

今思えば、水原希子が嫌われ始めたのはこの頃からだったように思います。

その後は二人ともSNSで度々炎上しており、ネガティブなイメージがついたまま現在に至っているように感じます。

野村周平は2018年9月22日公開の映画「純平、考え直せ」や2018年11月1日公開予定の映画「ビブリア古書堂の事件手帖」でも主演となっており、「結婚相手は抽選で」と合わせてまさに勝負所だった訳ですが、どうやら数字を持っていないことが鮮明になってしまったようです。

演技自体は下手ではないのですが、その態度を改めることができなければこのまま低視聴率俳優のイメージが定着してしまうかもしれませんね。

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。