DAIGOは好感度ガタ落ち?ウザイ、歌や吹替えが下手等批判が目立つ

育ちが良くてイケメン、ひょうひょうした雰囲気で好感度の高かったDAIGO

北川景子との結婚当初は祝福の声が集まっていましたが、その後は「ウザイ」「歌や吹替えが下手」「そのうち消える」などと批判されることが多くなっているようです。
<スポンサーリンク>



DAIGOの好感度ダウンは「KSK」がきっかけだった

2016年に人気女優北川景子と結婚したDAIGO。

この時は美男美女のカップルとしてメディアで大きくとりあげられ、祝福ムード満載でしたよね。

結婚自体おめでたい話なのですが、ここまで世間から祝福される芸能人カップルも珍しいと思えるほどに話題となっていました。

アーティストとしてだけでなくバラエティ番組でも活躍していたDAIGOの人気ぶりを物語るかのような扱いだった訳ですが、結婚披露宴での様子が報じられたことで風向きが一気に変わってしまったようです。

その引き金はDAIGOが披露宴で歌った「KSK」という曲でした。

これは「結婚してください」というプロポーズの言葉をダイ語で表したもので、その後は楽曲となり披露宴でDAIGOが北川景子のために熱唱しました。

これを報じた報道番組ではどのコメンテーターも「素敵な話だ」と褒めちぎっていましたよね。

たしかに女性ならウットリしてしまうような話だったのですが、この曲をCD化して発売してしまったことで評価が一変

「結婚も商売にするのか?」

「北川景子がかわいそう」

「北川景子のために作った曲なんじゃなかったの?」

「BREAKERZが売れてないから北川景子の力を借りてる

等々、ネットで多くの批判が噴出してしまいました。

「KSK」のCD化はファンからの問い合わせが多かったからと説明されていますが、DAIGOが「KSK」のPRに必死になっていたという噂もあり、せっかくの美談が汚点となってしまいました。

今思えば、この一件から「DAIGOは北川景子を利用して商売している」という論調がでてきたように感じられます。

DAIGOの北川景子ネタがウザイと思われだした

<スポンサーリンク>



さて、「KSK」のCD化でひんしゅくを買ってしまったDAIGOですが、その後もニュースになるのは北川景子との夫婦生活のことばかりでした。

仕事の面でいえばDAIGOよりも北川景子の活動の方が目だっている訳で、ある意味当然のことでもあるのですが、「DAIGOは北川景子を利用して商売している」というイメージがついてしまった後だけに「DAIGO、ウザイ」といったような声が出始めます。

毎回のようにダイ語でコメントするのも徐々に飽きられ始めているようなのですが、DAIGO本人にはそれ以外に記事として取り上げるものがないという側面もありそうです。

最近では北川景子主演のドラマ「家売る女」の続編製作が決定したというニュースがありましたが、このドラマの放送が近づくにつれてDAIGOの露出も増えていくのかもしれませんね。

DAIGOの歌や吹替えが下手と評判

<スポンサーリンク>



北川景子の夫という見られ方をすることが多いDAIGOですが、本業はもちろんバンド「BREAKERZ」です。

正直なところブレイクしたといえるほどの活躍はできていないバンドですが、DAIGOと北川景子との結婚を機にその楽曲をはじめて聞いたという人も多かったようです。

それだけに、最近になってDAIGOの歌が下手だと指摘する人が目立つようになってきました。

「BREAKERZ」はいわゆるビジュアル系ロックバンドなのでDAIGOは癖のある歌い方をしているのですが、それとは別に歌唱力があるかといわれると・・・たしかにミュージシャンとしては下手な方かもしれません^^;

また、DAIGOが歌っている「セイバンのCM」が非常に不評だったことも「歌が下手」という評判を加速させたように思います。(粘っこいというかからみつくというか、、、不快な印象を持つ視聴者が多かったようですね)

その他、DAIGOは吹替えも下手なことで有名です。

事の始まりは2008年公開の映画「ウォンテッド」でした。

暗殺組織の一員として命がけの戦いを繰り広げる主人公の吹替えを担当したところ、あまりにも棒読みすぎて酷評の嵐となりました。

最近では2016年9月公開の映画「キング・オブ・エジプト」でヒロインの吹替えを担当した永野芽衣が酷評されていましたが、吹替えのレベル的にはDAIGOはさらにその下をいっていたように思います。

その後も「名探偵コナン 漆黒の追跡者」(2009年公開)や「きかんしゃトーマス 探せ!!謎の海賊船と失われた宝物」(2016年公開)、「ミッション:インポッシブル フォールアウト」で吹替えを担当していますが、どの作品でも「下手だ」と酷評されています。

これはもはやキャスティングする側に問題あるような気がしてならないですよね^^;

現在ではテレビに出演する機会も減っており北川景子との格差は広がるばかりなのですが、夫婦ネタ以外のところで活躍してほしいですね。
<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。