2018年巨人引退&戦力外選手予想!杉内、脇谷の次は大物投手?

早いもので、2018年のペナントレースも終わろうとしていますね。

今年は負け越しで終了することが濃厚な巨人ですが、4年連続V逸とあってオフには厳しい契約更改となりそうです。

すでに杉内投手と脇谷選手が引退を表明していますが、その他の引退又は戦力外が予想される選手をまとめてみました。
<スポンサーリンク>



引退&戦力外になりそうな投手

カミネロ

作シーズンは抑えとして活躍したカミネロですが、今シーズンは20試合に登板して1勝1敗11セーブ、防御率5.79と抑えとしてはあまりにも酷い成績でした。

18回と2/3の投球回で27本の安打を許しており、四死球も7つ。

6月30日に出場選手登録を抹消され、その後はアメリカで右肘のクリーニング手術を受けています。

現在はドミニカの自宅でリハビリ中とのことですが、アダメス、メルセデス、ヤングマンなどの若手投手が台頭してきたこともあり、このまま契約終了となる可能性が高いのではないでしょうか。

山口鉄也

かつて鉄腕と呼ばれ名セットアッパーだった山口鉄也ですが、上半身のコンディション不良という理由で昨シーズン中に二軍落ちして以来、一度も1軍の登板がありません。

今シーズンは二軍で18試合に登板していますが、防御率は4.96となっており、本調子には程遠いようです。

今年で35歳ということでもう2~3何年かは現役であってもおかしくないのですが、勤続疲労した肩の状態を考えると、本人的に限界を感じているかもしれませんね。

西村健太朗

山口鉄也同様、今シーズン一度も一軍で投げていない西村健太朗。

二軍での成績をみると1勝0敗2セーブ 防御率2.42とまずまずです。

ただし、一軍の中継ぎ・抑えが苦しい状況なのにこの成績で昇格できないということを考えると、首脳陣の構想から外されている可能性もあります。

引退はないと思いますが、戦力外あるいはトレード要因になる可能性はありそうです。

内海哲也

昨シーズンは2勝7敗 防御率5.77だった内海哲也。

今シーズンは5勝5敗 防御率4.17と改善はしているものの、年齢的にはすでに36歳を過ぎています。

先発ローテーションを任せられるほどの信頼を得ている訳でもなく、立場的には厳しいところです。

とはいえ、球団は内海哲也を功労者と考えているようなので、戦力外にはせず、減俸した上で本人が納得するまで現役を続けさせるのではないでしょうか。

上原浩治

シーズン序盤はかなり打ち込まれていた上原浩治。

「契約しなかったメジャー球団の目は正しかった」とまで言われていましたが、二軍での調整を終えてからは良い投球をみせています。

なので、引退や戦力外の可能性は低いと思いますが、「打ち込まれる上原の姿は見たくない」「メジャーで引退した方がカッコ良かった」というファンも多く、オフには本人に判断が委ねられそうです。

投手部門は以上ですが、引退や戦力外、解雇などの形となりそうなのはカミネロと山口鉄也、トレードの可能性があるのは西村健太朗、本人のやる気次第となるのが内海哲也と上原浩治というような予想になりました。

引退&戦力外になりそうな野手

<スポンサーリンク>



寺内崇幸

ユーティリティープレーヤーというイメージがある寺内崇幸。

しかし2018年は一軍でプレーしていません。

二軍では60打数21安打、打率.350とまずまずなのですが、吉川尚輝、田中俊太、山本泰寛といった若手の台頭が台頭してきたことで完全にポジションを失っています

35歳という年齢を考えても来季以降の主力としては考え難く、戦力外になる可能性は充分にあると思います。

阿部慎之助

すでに何年も前から劣化が指摘されている阿部慎之助。

今シーズンは代打での出場が多いのですが、間違いなく体のキレが落ちてきています。

年齢、成績から考えるとそろそろ引退しても良さそうなものですが、通算400本塁打まであと3本と迫っており、そこが一つの節目となりそうです。

あるいは、選手兼コーチという打診が球団から出るかもしれませんね。

大幅に年俸が下がりそうな選手

<スポンサーリンク>



巨人の方から積極的に解雇にはしないものの、その成績から大幅な減俸が予想されるという選手もいます。

それが森福允彦投手です。

FAで獲得してまだ2年、しかも貴重な実績のある左投手とあって球団としては期待しているのでしょうが、如何せん成績が悪いですよね。

2年契約の2年目ですから年俸1億1千万円からの大幅な減俸は避けられないと思います。

その他、ゲレーロや陽岱鋼、野上亮磨らも本来ならば減俸の対象だと思いますが、複数年契約の期間中なので現状維持になるのではないかと・・・

こうしてみると、かなりの数の選手が引退や戦力外、減俸の危機にあることが分かりますよね。

それくらいの改革をしないとダメだというファンも多いようですが、個人的にはベテラン選手と同時に監督とヘッドコーチも見直した方が良いような気がします^^;

巨人の山口オーナーは高橋監督続投の意向を語っていましたが、果たしてどうなるのか、、、

それも話題となりそうですね。

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。