羊水が腐るの失言で干された倖田來未の現在がダサい!引退したかと・・・

かつてエロカッコいいといわれ、曲が大ヒットしていた倖田來未ですが、羊水が腐るという失言で干され、引退したと思っている人も多いことでしょう。

実際には現在でも活躍を続けているのですが、すでに時代遅れでダサいという指摘も多いようです。
<スポンサーリンク>



かつてエロカッコいいと言われ大人気だった倖田來未!

倖田 來未(こうだ くみ)は1982年11月13日生まれ、京都府出身です。

2003年に発売されたPlayStation 2用ゲームソフト「ファイナルファンタジーX-2」のテーマソング歌手に抜擢されたことで注目を集め、続く2004年発売のシングル「LOVE & HONEY」あたりからブレイク

同年公開の映画「キューティーハニー」の主題歌を歌い、ダイエットをしてのぞんだそのPVでは「エロカッコいい」といわれるようになりました。

その後、セクシーさを求める演出が過激になっていくのと平行して人気も上がり、2005~2007年に絶頂期を迎えました。

その勢いはすさまじく、2005年には12週連続シングルリリースにレコード大賞受賞、2006年に発売された5thアルバム「Black Cherry」は初回出荷枚数が脅威の150万枚でオリコンチャート4週連続1位を獲得、2007年には3年連続となる日本レコード大賞金賞を受賞しています。

また、2007年にはジャニーズの中居正広との熱愛が報じられ、旅行に出掛けている姿や二人でマンションに入って行く姿が度々週刊誌で報じられました。

(2009年頃には破局したようです)

このように、今から10年以上前に大ブレイクした倖田來未。

当時はそのエロカッコ良さを真似する女子も多く、ファッションリーダー的な側面もあったのですが、その一方で、

エロくもカッコ良くもない

「ダサい」

と批判する人も少なからずいました。

倖田來未、羊水が腐るの失言で干された

<スポンサーリンク>



公私ともに絶頂期だった2007年からガラっと状況が変わったのが2008年でした。

この年の1月29日、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組「倖田來未のオールナイトニッポン特別番組」内で「35歳をまわるとお母さんの羊水が腐ってくるんですよね」と発言。

もちろん、とんでもない誤解な訳で、「倖田來未がラジオで失言!」と各誌がこぞって報道したことで大騒ぎとなりました。

あまりの大騒ぎに倖田來未本人も焦ったのか、エイベックス・ニッポン放送サイトに失言に対する謝罪文を掲載すると共に、予定されていたアルバムのプロモーション活動を全面自粛と自宅謹慎を発表しています。

また、当時出演中だったCMや企業サイトから倖田來未の姿が消えるといった自体にまで発展するほど多くの女性から非難されていました。

もともと女性ファンが圧倒的に多かった倖田來未にとって、これが後々まで響く痛恨の失言だったと指摘する人もいるくらいです(^^;)

実際、この「羊水が腐る失言」を機にアンチが急増し、それまでエロカッコいいといわれていた倖田來未のファッションも「ダサい」と言われることの方が多くなってきました。

ファッション業界はただでさえ流行の移り変わりが早い訳で、それに加えてその先駆者が失言したとなれば、一気にダサいと言われだすのも当然ですよね。

現在の倖田來未は時代遅れでダサい

<スポンサーリンク>



「羊水が腐る失言」から10年が経ちましたが、現在でも倖田來未は歌手として活動を続けています。

かつてのようにCDがバカ売れする訳でもなく、マスコミもさほど大きくは取り上げませんが、昔からの狂信的なファンがいるのも事実で、小~中サイズのライブ会場であれば満席にはなるようです。

ただし、世間一般の反応はどうかというと、10年前よりもさらに「ダサい」という意見が増え、現在では倖田來未がエロカッコいいと呼ばれていたことすら知らない世代もでてきました。

こうなると、もはや化石に近いイメージですよね(^^;)

多くのアーティストが時代の流れとともに衣装などを変えてきているなか、倖田來未は10年前のエロカッコいいと言われた時のままなので、「時代遅れでダサい」という評判が広がるのも無理はないと思います。

このように、一部の狂信的なファンのみに持ち上げられ、世間一般からは取り残されているという点では、倖田來未と同時期に活躍していた浜崎あゆみも同類かもしれません。

倖田來未も羊水が腐る年齢になった?

2018年8月22日にアルバル「DNA」をリリースする倖田來未ですが、スポーツ報知のインタビューに対して、

カッコいい母親、女性を目指す気持ちにぶれはない」

と語りました。

同時に、過去に3度の引退危機があったとも告白しているのですが、これに対してネット上では、

「一度もカッコいいと思ったことはない」

「まだ引退していないかったのか」

「もはやダサいを通り越して痛い

など、否定的な投稿が続出しています。

また、倖田來未が今年で36歳になることから

「そろそろ自分も羊水が腐るんですよね?」

「昔けなしてた年齢に自分がなってるw」

など、過去の失言をネタにした投稿も多いようです。

このインタビュー記事はニューアルバムの発売に合わせて行われたものですから、ファンが多ければ、「アルバム楽しみ!」とか「可愛い」などの肯定的な投稿が続出するはずなのですが・・・

これだけ「ダサい」と非難されるということが、現在の倖田來未の不人気ぶりを物語っているといえるでしょう。

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。