坂上忍はフジに出過ぎ!偉そうな態度が嫌い、消えてほしいとの声

フジテレビで多くのレギュラー番組を抱える坂上忍ですが、視聴者の反応をみると「偉そうで嫌い」「消えてほしい」などの感想が多くなっているようです。

当然フジテレビ側もそれを知っているはずなのですが、なぜこんなにも坂上忍推しなのでしょうか?
<スポンサーリンク>



坂上忍が10月からのフジテレビ新番組「坂上どうぶつ王国(仮)」でMC

フジテレビ系新バラエティー「坂上どうぶつ王国(仮)」が10月から金曜午後7時枠でスタートすると報じられました。

MCにはレギュラー出演者としてサンドウィッチマンの二人を調整中とのことですが、メインMCは今はフジテレビ御用達ともいえる坂上忍が務めることが決まっています。

坂上忍は大変な犬好きで有名ですから、動物番組には向いているのかもしれませんが、日テレの「志村どうぶつ園」とそっくりな番組になりそうな気もしますよね^^;

最近のフジテレビは二番煎じが多くなっているので、期待できそうもないと思っている人も多いことでしょう。

坂上忍はフジテレビに出過ぎ?

「坂上どうぶつ王国(仮)」で坂上忍がMCを務めることが発表されると、ネットには「フジテレビでまた坂上忍」というコメントが多数寄せられました。

というのも、「坂上どうぶつ王国(仮)」(金曜)のスタートによって、「バイキング」(月~金曜)、「直撃!シンソウ坂上」(木曜)、「ダウンタウンなう」(金曜)とフジテレビのレギュラー番組が4本になるからです。

一つのテレビ局だけでレギュラー番組が4本もあるというのは非常に珍しいですよね。

しかもそのうちの1本である「バイキング」は帯番組ですから、フジテレビにおける坂上忍の出演率は異常なほどです。

「みなおか」の後番組として「直撃!シンソウ坂上」を企画しMCを坂上忍にオファーしたことが報じられた時も、「また坂上忍か」と言われていましたが、そこからさらに1本増える訳で、もはや坂上忍頼みといった感じすらします(^^;)

坂上忍に対して「偉そうで嫌い」「消えてほしい」との声も多い

<スポンサーリンク>




さて、坂上忍が再ブサイクしてもう随分経ちますが、ネットのコメントを見ていると、「偉そうで嫌い」「消えてほしい」などの意見が非常に多くなっています。

再ブレイク当初こそハッキリとした物言いがウケていましたが、今では出演番組が多すぎることもあって「偉そう」「消えてほしい」と思われているのが実情でしょう。

その転換点となったのが、2014年4月7日の「バイキング」に酔っぱらった状態で出演したことだと指摘する人もいます。

単純に考えれば「酔っぱらった状態で出勤する人間が許されるのか?」ということになりますよね。

特に「バイキング」は生放送な訳で、編集が効きませんからねぇ^^;

普段から他人に厳しい言葉を浴びせることの多かった坂上忍ですが、自身の行動が非常識であることを露呈してしまったため、その毒舌に説得力がなくなり、「偉そう」と感じるようになったのではないでしょうか。

坂上忍MCの「直撃!シンソウ坂上」は好調なのか?

<スポンサーリンク>



ところで、フジテレビは坂上忍を異常なほどに重宝していますが、実際のところ坂上忍はそんなに数字を持っているのでしょうか?

「とんねるずのみなさんのおかげでした」の後番組としてスタートした「直撃!シンソウ坂上」では、坂上忍がフジテレビ系列のゴールデンタイムで初のレギュラーMCを務めることで話題となりました。

世間を騒がせた人物や事件を坂上忍が直撃するという主旨のようですが、4月19日の初回放送の視聴率は8.7%

その後下降線を辿っていましたが、7月12日のスペシャル放送(オウム真理教がテーマ)で、視聴率9.4%を獲得し、自己最高を更新しています。

この結果だけ見ると、さほど良い数字ではないですよね^^;

ただし、「また坂上忍か」「偉そうで嫌い」「消えてほしい」等と散々言われていた割には健闘しているような気もします。

「バイキング」の方も堅調に推移していることを考えると、「坂上忍を起用すれば大ヒットはしないが大コケもしない」という認識がフジテレビにはあるのかもしれませんね。

坂上忍、日テレとはモメていた?

フジテレビからは重宝されている坂上忍ですが、日テレ系バラエティ番組「得する人損する人」では3月を最後にレギュラーから降板しています。

他の仕事が忙しくなったというのが表向きの理由とされていますが、最近報じられたところによると、演出の方向性を巡ってスタッフと大モメし、加えて、ゲスト扱いという待遇に不満があったそうです。

ガセネタの多い「東スポ」の記事なのでこの話の信ぴょう性は低いのかもしれませんが、坂上忍の偉そうな態度から想像すると、あってもおかしくない話ですよね^^;

もっとも、時期的には「坂上どうぶつ王国(仮)」の企画が立ち上がった頃でしょうから、坂上忍としては「得する人損する人」から「坂上どうぶつ王国(仮)」に乗り換えただけなのかもしれません。

その際、フジテレビ側から「得する人損する人」よりも高いギャラの提示があったのではないでしょうか。

現在でこそ大物と呼ばれている坂上忍ですが、長い間芸能界を干されていた訳で、今しっかりと稼がないといけないのかもしれませんね。

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。