尻だし丸山桂里奈はブサイクで勘違いが酷い!発達障害、炎上商法と酷評

元なでしこジャパンのメンバーだった丸山桂里奈ですが、最近では罰ゲームで尻だしをする等、すっかり炎上タレントになっていますよね。

そんな丸山桂里奈は「ブサイクで勘違いが酷い」「発達障害」などと酷評されているようです。
<スポンサーリンク>

丸山桂里奈が週刊現代で尻だしの罰ゲーム

日本代表も出場したサッカーW杯ロシア大会。

丸山桂里奈は「サンデー・ジャポン」でこの大会におけるグループリーグの日本の勝敗を3戦全勝と予想していました。

そもそも日本の実力を考えれば3戦全勝の可能性は極めて低かった訳ですが、丸山桂里奈は予想が外れた場合は「お尻を出します」と宣言していました。

結果は案の定、大外れだった訳で、丸山桂里奈は尻だしを実行

この写真が7月20日に発売されて週刊現代の袋とじに掲載されました。

後日尻だし撮影の感想を聞かれた丸山桂里奈は「でもお尻も本当に喜んでいました」とコメントしています。

しかしこの話、よく考えれば丸山桂里奈自身の話題作りでしかないですよね(^^;)

少しでもサッカーをかじった人であれば、日本のグループリーグ3戦全勝がいかに非現実的であるかを理解できるはずです。

まして、元なでしこジャパンの丸山桂里奈がそれを理解できないはずもなく、最初から尻だしをする気満々だったということになります。

現在はホリプロに所属していますから、尻だし写真に関してはギャラが発生したはずです。

自ら罰ゲームが発生しそうな予想をしておいて、尻だし写真でギャラを得る、、、大した仕事のない丸山桂里奈にとっては美味しい商売となったことでしょう。

元カレの暴露話をする丸山桂里奈は炎上商法か?

<スポンサーリンク>

丸山桂里奈にとっては、自ら話題を振りまいてメディアに露出する作戦は常套手段のようです。

それが分かるのが、有名な元カレの暴露話です。

バラエティ番組「良かれと思って」に出演した丸山桂里奈は、

  • 俳優や芸人と交際した経験があること
  • 交際した俳優の実名(放送はピー音)
  • その俳優が1晩に4回も体を求めてきたこと

などを赤裸々に告白しています。

この俳優、どうやら相当な大物なようで、視聴者の間では放送直後から福士蒼汰、高橋一生、伊原剛志、佐々木蔵之介などが候補者として挙がっていました。

もっとも、誰が元カレだったのか、という点よりも、そもそも交際していた俳優の実名をバラエティ番組で公表すべきなのか、という点の方が話題になったようです。

週刊誌などにスクープされたのなら分かりますが、何の脈絡もないのにいきなり元カレとして名前を公表されたら、男性側としてはたまりませんよね(^^;)

そんな丸山桂里奈のトークに

炎上商法だ

「常識がない」

などの指摘が相次いだのは言うまでもありません。

ブサイクと言われる丸山桂里奈。自分が可愛いと勘違いしているのか?

<スポンサーリンク>

丸山桂里奈は「良かれと思って」に出演する前から事あるごとに自分がモテた話をしていました。

丸山桂里奈自身がそう語っているだけなので誇張が入っているとは思いますが、少なくとも本人は自分が可愛いと勘違いしているようです。

実際には、「可愛い」という意見よりも「ブサイク」という意見の方が圧倒的に多くなっています。

たしかに現役時代は美人だともてはやされたこともありましたが、それすらもマスコミがなでしこジャパンの話題作りのために強引に美人だと書き立てていただけのように思います。

丸山桂里奈はそれを真に受けて、自分は可愛いと勘違いして今まで生活してきたのでしょうね(^^;)

ブサイクに見えるかどうかは見る人によって感じ方が異なると思います。

とはいえ、少なくとも多くの人に可愛いと思ってもらえるレベルには達していないような、、、

なので、丸山桂里奈の尻だし写真にもそこまでニーズはなかったかもしれませんねw

丸山桂里奈のおバカ発言を発達障害と揶揄する声もある

罰ゲームで尻出しを宣言したり、急に元カレの性癖や実名を暴露したりと、常識を疑うような言動が多い丸山桂里奈ですが、こうしたおバカっぷりは昨年頃から急に酷くなってきました。

サッカーの反則の一つであるオフサイドを知らずに現役を続けていたことなど、作り話っぽいエピソードも多々ありますが、そんな彼女のことを「発達障害」と皮肉る人も多いようです。

たしかに、常識や良識とはかけ離れた感じはしますよね。

これが天然だとしたら、あるいは本当に発達障害なのかもしれませんね。

また、発達障害ではありませんが、奇行の目立つ泰葉や暴露本に元カレのことを書いた手塚理美、離婚騒動に発展した松居一代なども似たようなタイプかもしれません。

彼女達は大なり小なり炎上することで話題作りをし、そこから収入を得ている訳ですが、丸山桂里奈も同じ手法をとっているとしたら、発達障害どころか巧みなビジネス戦略といえそうです(^^;)

ブサイクと言われてしまうほどのルックスで他に芸もない以上、炎上商法くらいしか通用するものがなかったのかもしれませんね。
<スポンサーリンク>

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。