石原さとみ主演ドラマ高嶺の花。闇が深い脚本に視聴率落ちそうの声

石原さとみ主演、野島伸司脚本で放送前から話題となっていたドラマ「高嶺の花」

面白いという意見がある一方で、「闇が深い」「つまらない」といった声も多数でていて、視聴率が落ちそうと指摘されているようです。
<スポンサーリンク>



石原さとみ主演、ドラマ「高嶺の花」がスタート

ドラマ「高嶺の花」で石原さとみが演じるのは華道の家元の長女です。

才色兼備なのですが、結婚式当日に夫から離婚を申し出られた(すでに籍を入れていた)ことによって自律神経のバランスを失っているという設定になっています。

これまでの石原さとみといえば芯がしっかりしていて活発な女性の役が多く、それによって周囲の人に良い影響を与えるような立ち位置でしたよね。

しかし、ドラマ「高嶺の花」では石原さとみ本人の闇が深く悩んでいるということで、良くも悪くも予想を裏切られた視聴者が多かったのではないでしょうか。

ドラマ「高嶺の花」、キャストの闇が深く暗い

ドラマ「高嶺の花」で闇が深いのは石原さとみばかりではないようです。

自分に自信のない妹(芳根京子)、金にしか興味がない男(千葉雄大)、娘を立ち直らせるために男を利用しようとする父(小日向文世)、問題のある学生等々、登場人物の大半が何かしらの深い闇がありそうです。

石原さとみ主演のドラマということで、もっと明るい内容を期待していた人も多いとは思いますが、全体的に暗い雰囲気が漂うドラマのようです。

しかも、演技の上手いキャストが揃っているだけに、余計に闇が深く感じますよね(^^;)

個人的な意見としては、これだけ演技派の人達を揃えたのであれば、石原さとみがいつもの快活なキャラクターを演じる脚本の方が視聴率は良かったのではないか、と思います。

ドラマ「高嶺の花」に「期待外れ」「面白くない」との意見

<スポンサーリンク>



こうした闇が深い脚本を想像していなかった視聴者が多いからか、初回放送後から、

期待はずれ

「面白くない」

「ストーリーがよく分からない」

などの意見がネットで多数みられました。

同じく石原さとみ主演で好評だったドラマ「アンナチュラル」の時とは随分反応が違うようです。

(もちろん、「面白かった」という意見もあるのですが・・・)

実際、初回放送を見てみると、大事件が起こる訳でもなく、コミカルな演出がある訳でもなく、何やら淡々と話が進んだように感じられます。

最終的には良い脚本になっているのかもしれませんが、分かりやすさや初回の掴みという点では少々失敗かもしれませんね。

ドラマ「高嶺の花」の脚本は野島伸司

このドラマ「高嶺の花」の脚本ですが、野島伸司が担当しています。

野島伸司といえば、

「101回目のプロポーズ」(1991年)

「ひとつ屋根の下」(1993年)

「プライド」(2004年)

などのヒット作を生みだしています。

また、

「君が嘘をついた」(1988年)

「愛しあってるかい!(1989年)

「すてきな片想い」(1990年)

等、フジテレビ全盛期においていわゆるトレンディドラマを手掛けた脚本家でもあります。

つまりヒットメーカーとして多くの視聴者が期待する脚本家な訳ですが、忘れてはいけないのが、「野島伸司は暗い内容の脚本も書く」ということです。

例えば、「人間失格」(1994年)では、イジメ、体罰、虐待、自殺、父親の復讐などが描かれ、その描写が過激であったことから批判が続出。

その結果、当時のドラマとしては低視聴率といえる平均19.2%となっています。

その他、「高校教師」(1993年)では教師と生徒の恋愛・同性愛・強姦・近親相姦・自殺などが描かれ、これまた大きな反響呼びました。(良くも悪くも)

こうして考えると、野島伸司は優秀な脚本家であることは間違いないのですが、時々、内容の暗い脚本を書くこともあるようで、どうやらドラマ「高嶺の花」もその「時々」の一つということになりそうです(^^;)

石原さとみ主演、ドラマ「高嶺の花」は視聴率が落ちそう

<スポンサーリンク>



野島伸司の暗い脚本に対して「面白くない」と感じた人は意外と多いようで、ネットには類似の投稿が多数寄せられています。

「面白かった」という意見と比べてみると、半々かやや「面白くない」という意見の方が多いように感じます。

一部では石原さとみの「和服姿が美しい」という意見もあるようですが、これまた賛否両論のようです。

こうしたネガティブな意見が多いことから、ネットでは「視聴率が落ちそう」という指摘が見られます。

初回の展開がスローだっただけに、この指摘はごもっともかもしれませんね。

1話完結型でもないので、一度脱落した視聴者が戻ってくるのも難しい面があります。

ドラマ「高嶺の花」は初回視聴率が11.1%と二桁発進となりました。

次週が楽しみというコメントもありますが、同じく二桁発進となった月9ドラマ「絶対零度」や「義母と娘のブルース」と比べるとネガティブなコメントが多くなっています。

石原さとみ主演で野島伸司脚本という、非常に期待できそうな感じではありますが、今後の視聴率は苦戦するかもしれませんね。

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。