サッカー日本代表の情報漏洩。先発や次期監督をリークした犯人は協会か?

見事W杯ベスト16に勝ち進んだサッカー日本代表ですが、どうやらスタメンや戦術など重要な情報が漏洩しているようです。

状況から考えるとリークした犯人は内部にいそうなのですが、真相はどうなんでしょうか。

またマスコミの報道姿勢も問われています。

<スポンサーリンク>



W杯サッカー日本代表の情報が漏洩!

連日のようにネットにあがるサッカー日本代表に関するニュース。

その中には試合前日なのに正確なスタメン予想や戦術が記載されていることがありますよね。

多くの人はこれらがチーム側から正式に発表されたものだと思っていたかもしれませんが、どうやらこれは情報漏洩だったようです。

特に酷かったのがポーランド戦のスタメン予想です。

それまでの2試合から6人も入れ替えた日本代表ですが、そのスタメンを予想のみで的中させることはほぼ不可能でしょう。

何しろ、それまで1度も試したことのない布陣であり、練習は非公開だったのですから。

にもかかわらず、一部の報道では「2日前からこの布陣で練習をしていた」としてスタメンが予想されていました。

思い起こせば、このような情報漏洩は選手の最終選考の頃からあったように思います。

西野監督はメンバー選考に関する招集レターを海外組メンバーに対して事前に送っていましたが、その情報は選手本人よりも先にマスコミに流れていました。

これらは内部情報な訳で、W杯での勝敗を左右するかもしれない重要な情報ですから、本来なら絶対に洩れてはいけないものですよね。

実際、本田や長友がマスコミに対して苦言を呈しています。

サッカー日本代表の情報洩れはのぞき見ではない?!

<スポンサーリンク>



日本代表の情報が漏洩した件について、記者がのぞき見をしたのでは?という意見もありますが、これは恐らく間違いでしょう。

なぜなら、もしものぞき見が可能なら相手国のマスコミもやっているはずですし、そもそも練習を非公開で行う場合は、のぞき見ができないように記者は遠ざけられたり、高い壁で仕切られたりするからです。

(記者がドローンでも飛ばして空撮すればのぞき見は可能かもしれませんが、、、)

また、選手の最終選考に関しても妙に細かい情報が伝えられていたことから、のぞき見ではなく、W杯開催前から頻繁に情報が洩れていた可能性があります。

サッカー日本代表の情報をリークした犯人は協会内部のスタッフか?

のぞき見以外に情報が漏洩する可能性がもっとも高いのが内部の人間からのリークです。

よほど無責任なのか、記者から何らかの見返りがあるのか、、、

W杯開催後の情報漏洩と選手の最終選考時に細かい情報が出ていたことが同じ人物によるものだとしたら、西野監督の側近がリークした犯人だと考えられます。

(W杯開催後の情報漏洩だけなら選手という可能性もありますが・・・)

W杯ではスタメンを悟られないように意図的に偽情報を流したりすることが多々ある中で、内部の人間が重要な情報を漏洩してしまうあたり、犯人の意識レベルの低さが伺えますよね。

また、そこまでしてスクープ記事を報道しようとする記者の方にも問題があるように思います。

この件はサッカー協会が徹底的に調査し、情報をリークした犯人の処罰と、報道したマスコミの取材禁止を検討しても良いのではないでしょうか。

<スポンサーリンク>



次期監督候補の情報も協会から漏洩。クリンスマン氏と報道が出る

サッカー日本代表の情報漏洩はW杯で敗退した後も続きます。

7月4日の4時頃にはスポニチが日本代表の次期監督として、前ドイツ代表監督のユルゲン・クリンスマン氏が就任する運びとなったと報じています。

日本代表がベルギー代表に敗退したのがこの報道の23時間です。

ということは、まだロシアW杯の総括も済んでおらず、西野監督からの正式なレポートも提出されていない段階なので、クリンスマン氏の監督就任が決定的とするスポニチの記事はさすがに過剰表現だとは思います。

(そもそもサッカー協会の責任も追及してほしいですよね)

しかし、スポニチの記事には日本代表の敗退後に関塚技術委員長と複数の技術委員が交わしたメールの内容やクリンスマン氏にオファーする年俸(約2億6千万円)など、妙に詳しいところまで書かれており、サッカー協会がクリンスマン氏を次期監督の候補の一人として挙げていることは間違いなさそうです。

W杯敗退後に次期監督候補として様々な名前が出るのは毎度のことですが、オファーする年俸や技術委員同士のメールのやりとりまで情報が出るということは、あきらかにサッカー協会内部に記者に情報をリークしている犯人がいるということになりますよね。

また、契約前に年俸まで公開してしまっては、他にクリンスマン氏との契約を考えている国がそれ以上の年俸をオファーすることも可能であり、日本との契約に支障が出る可能性があります。

そのリスクを考えると、仮にそのような情報がサッカー協会から漏洩していたとしても、マスコミはどこまで記事にするかを常識の範疇で考えるべきではないでしょうか。

勝負事の世界では情報が大事であって、その重要な情報がこうも簡単に漏洩してしまうというあたり、サッカー協会にもマスコミにも問題がありそうですね。

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。