サッカーW杯日本対セネガルはドロー。川島がまたミスで下手くそすぎる

サッカーW杯の日本対セネガル戦は2-2のドローに終わりました。

2度リードされながらも追いつくという非常に引き締まった試合でしたが、残念だったのがGK川島がまたミスし失点したことです。

もはや下手くそすぎるという感じがしますよね。
<スポンサーリンク>



サッカーW杯日本対セネガルはドロー

グループHの2戦目となった日本対セネガル戦。

結果はドローでした。

2度リードされながらも追いついたことはもちろんですが、乾のシュートがポストに弾かれたり、大迫のゴール前の惜しいプレーがあるなど、全体的に押していて勝利の予感すら感じさせる内容だったことは素晴らしかったですよね。

勝てなかったことを悔しいという人もいますが、そもそもセネガルは日本よりも格上ですから、十分な成果といえるでしょう。

弱い弱いと思われていたサッカー日本代表ですが、ここまでの2試合は非常に頼もしく、俄然グループリーグ突破に期待が高まってきましたね。

セネガル戦で川島がまたミスし失点!

<スポンサーリンク>



さて、非常に引き締まっていて好ゲームとなった日本対セネガル戦ですが、かなり残念なプレーがありました。

それがセネガルに先制を許した時の川島のミスです。

ほぼ正面に飛んできたセネガルのシュートを川島はパンチングで弾いた訳ですが、、、そのボールが目の前にいたセネガルの選手に当たってしまい、跳ね返ってゴールとなりました。

このプレー、確かにシュートは速かったのですが、本来ならばさほど難しいプレーではなかったはずです。

(何しろ川島の正面に飛んできたシュートですからね^^;)

しかし、川島はキャッチではなくパンチングを選択。

その選択もどうかと思いますが、パンチングしたボールが相手選手に向かって飛んでしまったのは、あきらかに川島のミスです。

川島本人によると

「完全に自分のミスです。目の前のところが気になってしまって・・・」

とのことです。

どうやら目の前のセネガルの選手に気づいていたようなので、そこにむけてパンチングしてしまったとなると、やはり致命的なミスといえるでしょう。

川島は失点に絡むミスが多すぎ!下手くそすぎるとの声も

W杯開幕前の親善試合から何度も失点に絡むミスをしてきた川島

それでも西野監督は川島の経験を買ってスタメンで起用し続けているのでしょうが、それにしても致命的でイージーなミスが多すぎますよね。。。

セネガル戦のTV放送中から

「川島、下手くそすぎる

「また川島のミスから失点」

等というコメントがネット上では多数みられました。

サッカーにミスはつきものですが、これだけ頻繁に失点に絡むミスをしてしまうと、さすがに「下手くそすぎる」という批判も仕方ないかもしれませんね。

次のポーランド戦にグループリーグ突破をかける日本代表ですが、どうやらGK川島が最大のネックとなりそうです。

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。