長谷川京子の劣化は不自然でおかしい唇が原因?7月期ドラマが心配

7月からスタートするテレビ東京のドラマ「ラストチャンス 再生請負人」に出演する長谷川京子

かつてはドラマに出る度に美人、可愛いと言われていましたが、最近では「唇が不自然でおかしい」「劣化した」等と言われているようです。
<スポンサーリンク>



長谷川京子が7月期のドラマに出演

会社の再生と人生の再生をテーマにしたドラマ「ラストチャンス 再生請負人」。

低予算のドラマ作りで知られるテレビ東京ですが、仲村トオル、椎名桔平、和田正人、大谷亮平、勝村政信、町田啓太、石井正則、本田博太郎、ミッキー・カーチス、嶋田久作、竜雷太、水野美紀そして長谷川京子と、などなかなか豪華な俳優が揃っています。

同時に、長谷川京子は玉山鉄二が出演を務めるNHKのドラマ「バカボンのパパよりバカなパパ」にも出演します。

長谷川京子はこのところドラマに出演しながらも出番が少ないことが多かったので、ファンの方は楽しみだとおもいます^^
<スポンサーリンク>



長谷川京子は明らかに劣化した!今や唇おばけ!

さて、7月期のドラマに2本出演する長谷川京子ですが、最近では「劣化した」と言われることが多くなっています。

モデル出身で美人と言われ続けてきた長谷川京子。

おそらく小規模の整形は繰り返していたとは思いますが、そこまでおかしいことはなく、むしろ上手にメンテナンスできていたように思います。

実際、2014年放送のドラマ「ペテロの葬列」に出演した時は、それほどおかしいとは感じなかったのですが、2016年あたりから妙に唇が分厚くなって不自然に見えるようになりましたよね。

当初はメイクのせいで劣化して見えるだけだと言われていましたが、よくみると不思議なほどに唇、特に下唇が分厚くなっていて、最近では「唇おばけ」と言われているようです。

実際、上の画像を見てもあまり美しいとは感じないですよね。。。

長谷川京子は今年で40歳になりますからそれなりに劣化するのは仕方ないことだと思います。

しかし、顔が変わって見えてしまうほどの劣化は残念なかぎりですよね。

長谷川京子の劣化は不自然でおかしい唇が原因か?

長谷川京子がここまで劣化して見えるのは、不自然でおかしい唇のせいでしょう。

そしてそうなったのは、恐らくヒアルロン酸注射の打ち過ぎなのではないかと・・・(>_<)

ちなみに、こちらが2004年頃の長谷川京子です。

若さは別としても、唇はこの頃の方が可愛いですよね^^

長谷川京子本人としてはもっと美しくなりたかったのかもしれませんが、繰り返してきた整形のツケが出てしまったのか、やり過ぎてしまったのか・・・

多くの視聴者は以前のようなすっきりとした唇の方がよかったと思っているようなので、不自然な唇を元に戻してみるのも良いかもしれませんね。

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。