日大アメフト部宮川が証言!反則は内田前監督と井上コーチから指示

連日大きく報道されている日大アメフト部の反則問題

5月22日に反則を行った宮川選手が記者会見を開き、内田前監督と井上コートから指示があったことを証言しました。

これはこれまで日大が発表してきた内容と大きく食い違うものとなっています。
<スポンサーリンク>



日大アメフト部宮川が証言!反則は内田前監督と井上コーチから指示だった

関学戦で反則を犯した宮川選手が開いた記者会見。

そこでは

  • 試合の数日前からチーム内で干されていたこと
  • 相手QBを潰すなら試合に出してやると言われていたこと
  • 相手QBがケガをすれば秋には日大が有利になると井上コーチが語っていたこと

等々、これまでの経緯が詳細に語られました。

宮川選手が加害者本人であり、やったことは犯罪にも等しいので決して褒められることではありませんが、正直にすべてを話した(と思われる)ことには、同情と理解の声が上がっています。

とはいえ、その内容は衝撃的なものでした。

宮川選手の話をまとめると、相手QBをケガさせるように内田前監督と井上コーチから指示されていたことになります。

日大側は「指導と選手の理解に乖離があった」とコメントしており、反則は指示ではなかったと説明していましたが、宮川選手の証言は改めてそれを否定した形になります。

もっとも、「指導と選手の理解に乖離があった」という日大側の説明を信じていた人はほとんどいないと思いますが(^^;)

仮に、「相手QBを潰せ」という井上コーチの言葉が比喩的な意味だったとしても、その後に「相手QBがケガをすれば秋には日大が有利になる」という主旨の発言をしていたとされるので、やはり相手QBをケガさせる意図があったことになりますよね。

日大アメフト部は廃部すべきなのではないか?

<スポンサーリンク>



宮川選手の証言がすべて事実であるとすれば、監督やコーチが悪質な反則を指示し、試合後にそれを隠蔽しようとしていることになります。

また、アメフト部とは別に聞き取り調査を行っている日大そのものもアメフト部と同様のコメントを出しており、残念ながら大学内での自浄作用は期待できそうもありません

それもそのはず、内田前監督は日大の常務理事であり、大学の人事を担当しているのです(>_<)

常務理事といえば実質大学のNo.2ですし、人事権もあるとなれば、日大側から内田前監督や井上コーチの指示であったことを認めるコメントが出るはずないですよね。

ここまでの不祥事となれば最低でも対外試合の禁止、最悪廃部も検討すべきなのですが、その主犯格と目されている人物が大学のNo.2となればそれも難しいでしょうね。

この反省の感じられない日大の態度が今後の大学の運営にどれほどの影響を与えるのか、、、

学生が減っている昨今、これだけイメージの悪い人物がNo.2にいる大学に通いたいと思う人がいるのでしょうか?

次の受験シーズンに日大は痛い目に遭うかもしれませんね。

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。