サッカー日本代表ガーナ戦メンバー発表!香川、岡崎、本田が召集

サッカーのロシアW杯開幕まで1ヶ月を切り、日本代表になれが選ばれるかに注目が集まっていますね。

そんな中、5月30日に行われるガーナ戦のメンバーが発表されました。

このメンバーがロシアW杯でも中心となるだけに、その顔ぶれが気になります。
<スポンサーリンク>



サッカー日本代表ガーナ戦メンバー発表!

さて、以下のメンバーが西野監督から発表された5月30日のガーナ戦の日本代表メンバー27人となります。

GK 川島永嗣 中村航輔 東口順昭

DF 酒井宏樹、酒井高徳、吉田麻也、昌子源、槙野智章、植田直通、長友佑都、遠藤航

MF 山口蛍、長谷部誠、三竿健斗、大島僚太、柴崎岳、香川真司、井手口陽介、青山敏弘、乾貴士、本田圭佑、宇佐美貴史、原口元気

FW 大迫勇也、岡崎慎司、武藤嘉紀、浅野拓磨

結果としては、多くの人が予想したメンバーだと思いますが、青山敏弘や浅野拓磨の選出がちょっとしたサプライズでした。

青山敏弘は所属クラブで良いプレーをしており納得できのですが、浅野拓磨に関しては・・・

とてもW杯で戦える選手には思えませんよね(^^;)

本田、香川、岡崎がメンバー入り!システムは3-5-2?

<スポンサーリンク>



発表された27名は大方の予想通りでした。

香川真司や岡崎慎司がメンバー入りしていますが、西野監督によるとコンディションを確認するのはこれからとのことで、最終的な23名に入れるかは微妙のようです。

また、FW登録が4人しかいないことが気になりますが、西野監督としては今回のFWやMF、DFというポジション登録は表記上のことであって、ポジションを特定している訳ではないとのことです。

つまり、一人の選手が様々なポジションを務める可能性があるということです。

ということは、採用されるシステムは応用がきくシステムが予想され、その意味では4-4-2からの4-5-13-5-2からの3-6-1といったオプションが考えられますね。

さらに、システムが異なれば戦術も変わるはずなので、ハリルホジッチ監督時代の縦に早いサッカーでなくなる可能性が高いと思います。

久保裕也、中島翔哉は選外か?

ちなみに、今回のメンバー27名は事前に予備登録された35名のメンバーの中から選ばれています。

ということは、今回のメンバー以外にも予備登録されているメンバーが6名いることになります。

西野監督はこの6人の中からの追加招集や入れ替えも有りうると語っており、所属クラブの日程との都合上、現時点で久保裕也の招集を見送ったと語っています。

一方、中島翔哉に関しては、複数のポジションをこなす能力に関して疑問があったため、メンバーから外したとのことです。

(久保裕也に関しては追加招集の可能性がありそうな口ぶりでした)

その他、予備登録の中には今野泰幸、小林悠がいたものの、体調不良やケガのために外れたとのことです。

ちなみに、小林悠はガーナ戦のメンバーにも入る予定だったそうです。

とにもかくにも、ガーナ戦メンバーが発表になり、1~2名の追加招集や入れ替えがあったとしても、ロシアW杯のメンバー23名はこれがベースになるはずです。

新鮮味はありませんが、経験値の高いメンバーなので、新しい戦術に早期に対応し、良いパフォーマンスをみせてくれることに期待したいですね!

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。