ハリルホジッチ解任会見!爆弾発言で協会とスポンサーの闇を暴露?

W杯を目前にして解任されたサッカー日本代表のハリルホジッチ元監督。

そのハリルホジッチ元監督が4月27日に会見を開くそうです。

兼ねてよりサッカー協会と確執があったようですが、どんな爆弾発言・暴露話が飛び出すのか、非常に興味深いですよね。
<スポンサーリンク>



ハリルホジッチ元監督、解任会見で爆弾発言・暴露話を連発か?

就任以来ズバズバと言いたいことを言ってきたハリルホジッチ元監督。

時にはサッカー協会を批判するような内容もありましたよね。

そんなハリルホジッチが今更のように会見を開くことになっています。

解任を告げられた時はかなり怒っていたそうで、報復とばかりに「サッカー協会への不満や裏話を暴露してくれるのではないか?」と期待しているサポーターも多いことでしょう。

今回の解任が正しかったかどうかは別として、昔からサッカー協会のやることには疑問を感じることが多かったのは事実です。

親善試合や練習試合のマッチメイクから監督の人選、協会内の人事、日本らしいサッカーのビジョン、育成方針など、「本当にこれでいいのか?」と感じてきたサポーターは多かったはずです。

こうしたサッカー協会の内部事情に関して、もしも私利私欲が絡んでいたとしたら、ハリルホジッチ監督がそれに気づいていた可能性は高く、今回の会見で一気に表面化するかもしれません。

サッカー協会の闇は深い?噂されるスポンサーとの癒着をハリルホジッチが暴露?

<スポンサーリンク>



サッカー協会に関しては、スポンサーと金の問題があると以前から噂されています。

というのも、日本サッカーの育成・運営資金のほとんどは、大企業スポンサーからの資金提供に頼っているからです。

これらの大企業スポンサーは選手個人のスポンサーも兼ねていることがあり、当然ながらその選手が活躍した方がメリットは大きい訳です。

つまり、代表メンバーの選出・選考に関して、スポンサーから依頼を受けたサッカー協会が監督に圧力をかけて、スポンサーの望むとおりに操っている可能性がある訳です。

例えば過去には、日韓W杯での西澤選手の起用がスポンサーの意向だったのではないか、と指摘されたことがあります。

こうしたスポンサーの意向が現場まで降りてきているとすれば、チームを預かる監督としてはやりにくいのは間違いないですよね。

もしハリルホジッチ時代にもスポンサーの意向が働くことがあったとすれば・・・

今回の会見ではこうしたスポンサーとサッカー協会との闇についての暴露話も飛び出すかもしれませんね。

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。