巨人田口も不調で先発陣崩壊?勝てないのは太ったのが原因か?

エース菅野の不調が心配される巨人ですが、実は左のエース田口も深刻な不調のようです。

13勝をあげた昨年と比べてあきらかに太ったようで、投手の体型ではないですよね。

それが原因なのか、安定感がまったくありません。

まさに先発陣が崩壊状態です。
<スポンサーリンク>



巨人田口はあきらかに太りすぎ!菅野も不調で先発陣崩壊?

巨人菅野が不調でそれには習得した新球シンカーが影響している可能性がある、という記事を先日書きましたが、実は田口も不調なんですよね(^^;)

ただし、田口の場合は新球がどうこうということではなく、単純に太ったことによる体のキレの低下だと思います。

TV放送を観た人はすでにお気づきだと思いますが、元々太り気味だった田口が今年はさらに太った感じがしますよね。

もはやメタボに近く(まだ20代前半ですがw)、とてもプロの投手には見えない体型になっています。

投手は下半身の強化のために走り込みが練習メニューに入っているはずなのですが、それでもあれだけ太ったとなると、一体どんな生活をしているんでしょうか?(^^;)

昨年早々と結婚していますが、嫁の作る料理が美味し過ぎるのか、はたまた栄養のバランスが悪いのか・・・

何にせよ、プロとしてパフォーマンスに影響するほど太ってしまうのは問題がありますよね。

球団は何も注意しないんでしょうか?不思議でなりません。

太った巨人田口は昨年とどう変わった?

<スポンサーリンク>



投手が球速をUPさせるために筋肉を増やすことはよくあります。

あのダルビッシュも筋肉を増やし、それによって体重が大幅に増えました。

ただし、田口の場合は、増えたのは筋肉ではなく脂肪のように見えます。

筋肉量が昨年と同じだと仮定して、そこに脂肪だけ増えれば、体のキレが落ちるのは当然ですよね。

まして、昨年の時点ですでに太りすぎと言われていた田口ですから、それ以上の脂肪が選手として致命的なのは間違いないでしょう。

結局、球速は昨年まで変わらず、単に制球力が落ちただけとなりました。

また、TVでは分かりにくいのですが、おそらく球にキレがなく、打者の手元で失速しているのではないでしょうか。

もともと球種が少ない上に制球力もない投手なので、球のキレがなくなると割と攻略しやすい投手なんですよね(^^;)

それはオープン戦の頃から兆候が出ていて、ソフトバンク戦などではボロボロだったと記憶しています。

ファンとしては早期の復調を願っているところでしょうが、太ったことが原因だとすると今シーズンの活躍はないと思った方が良いかもしれませんね。

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。