サッカー日本代表ウクライナ戦予想スタメン!ラストチャンスの本田

23日に行われたマリ戦で完成度の低いサッカーをしてしまった日本代表ですが、27日にはウクライナ戦があります。

最終メンバー発表前のラストマッチだけに、少しでも良い内容の試合をしてほしいところです。
<スポンサーリンク>



サッカー日本代表ウクライナ戦予想スタメンは?

23日のマリ戦では新戦力を試し過ぎて、連携がまったくとれていなかったサッカー日本代表。

試合後はハリルホジッチ監督がかなり渋い表情をしていましたし、長谷部や長友といったベテランが「このままではいけない」という主旨のコメントを出すなど、非常に危機的な状態です。

それだけに、ウクライナ戦ではアジア予選を戦ったメンバー主体のチームに戻すのではないかと思われます。

もっとも、この時期にきてマリ戦であれだけの人数をテスト起用したこと自体が意味不明なのですが・・・

ということで、ウクライナ戦の予想スタメンです。

GK 川島永嗣

DF 酒井高徳(右)、昌子源(センター)、槙野智章(センター)、長友佑都(左)

MF 山口蛍(アンカー)、長谷部誠(インサイド)、柴崎岳(インサイド)

FW 久保裕也(右)、大迫勇也(1トップ)、原口元気(左)
<スポンサーリンク>



まずDFですが、右サイドには酒井高徳が起用されると思います。

個人的にはE1大会で右サイドを務めた植田直通をもう一度試してほしい気もしますが・・・

ちなみに、マリ戦を見る限り、宇賀神友弥は代表から落選すると思います。

中盤はW杯出場を決めたオーストラリア戦と同じアンカーを置くシステムを採用して、インサイドハーフに柴崎岳を起用してくるのではないかと思います。

マリ戦で起用した大島僚太はケガ、森岡亮太に関してはまったく見せ場なしで終わっており、ウクライナ戦でもう一度テスト起用なんてことはいくらなんでもないでしょう(^^;)

大島僚太、森岡亮太の二人も最終的に代表から落選することになると思います。

FWは原口元気のコンディション次第では宇佐美貴史や中島翔哉のスタメンもあり得ると思います。

また、大迫勇也が内転筋に違和感があるとのことで別メニューで練習をしているので、替わりに杉本が先発する可能性もあります。

(1トップに本田圭佑でも面白いとは思いますけどね)

本田圭佑は最終メンバーに入れるのか?

<スポンサーリンク>



ウクライナ戦は上のようなスタメンが予想されますが、後半からは何人かの選手が途中交代で入ってくるはずです。

恐らく、いつものように本田圭佑は久保裕也と交代で右サイドに入ってくると思います。

ただ、、、本田圭佑が右FWに入って活躍した姿を見たことがないですよね(^^;)

前回大会で監督を務めたザッケローニ氏時代から右FWで起用されているのですが、私には本田圭佑に右FWの適正があるとは思えません

足が速い訳でもなく、ドリブルが得意な訳でもなく、どちらかといえば足元にボールを貰ってタメを作るタイプの選手なのに、なぜウイングに起用するのかが意味不明です。

どう考えてもインサイドハーフやトップ下といった中のポジションの方が適正がある訳ですが、ハリルホジッチ監督は本田圭佑を「中で起用するつもりはない」と語っています。

右サイドは人材不足ですし、本田圭佑の経験を考えると最終メンバーに入る可能性は高いと思いますが、だからといって右サイドで起用してもW杯では活躍できないでしょうね。

ハリルホジッチ監督にはもっと選手の適正を考えて柔軟な起用と采配をしてほしいのですが、それができないのがこの監督の最大の弱点ですよね(>_<)

ウクライナ戦の予想スタメンをみても、柴崎岳が大幅に成長していなければ、チームとしての上積みはほとんどないメンバー構成になっています。

このような状態でハリルホジッチ監督がどんな采配をみせるのか、ウクライナ戦は監督の采配が見どころだと思います。

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。