コインチェック不正アクセスで580億円流出!資金は返却不能か?

コインチェック社が1月26日の昼頃から取引を制限しているという報道が出たばかりですが、その原因についてコインチェック社が緊急会見を開き、580億円分の仮想通貨が不正アクセスアクセスによって流出していると説明しました。
<スポンサーリンク>



コインチェック社、不正アクセスで580億円流出!

流出したのは仮想通貨「NEM」で、580億円分はすべて顧客の資産とのことです。

今後は流出したNEMを追跡調査し、取り返す努力をするそうですが、実体のない仮想通貨を取り戻すというのは至難の業な気がしますよね(*_*;

金融庁と警視庁には報告済みで、今後大規模な窃盗事件に発展しそうな感じです。

仮想通貨に関しては以前から信用がないとして懐疑的な人が多かったのですが、これでますます信用を落とすかもしれません。

そうなると相場が暴落する可能性もある訳で、他の仮想通貨取引所にとってもかなりの痛手となりそうです。

コインチェック社、顧客の資金は返却不可能?

<スポンサーリンク>



痛手といえば取引所よりも利用者の方が深刻です。

コインチェック社は会見の場で「利用者の資金は保証する」と発表していますが、コインチェック社の資本金は1億円以下。

果たして580億円をどうやって補填するのか、ちょっと想像もつきませんよね(*_*;

そもそも、コインチェック社は仮想通貨の取引所であって、利用者が仮想通貨を取引する際の手数料が収入源のはず。

580億もの資金が流出した上に、大手取引所の中で唯一金融庁の認可を得ていないとなると、今後解約者が続出し、取引が激減することでしょう。

となると、ますます580億円の調達が困難になる気がしますが・・・

不正アクセスということで、当初疑われた計画倒産とは違いましたが、問題はこれからですよね。

どのようにして580億円を補填するのか、今後のセキュリティ対策をどうするのか等、あらゆる面で利用者が納得する発表を早期にしていかないと、本当に倒産せざるを得ないような状況になるかもしれませんね。
<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。