出川哲郎CMのコインチェックが入出金停止!計画倒産の可能性も?

出川哲朗が一人二役で兄弟を演じるCMでお馴染みの仮想通貨取引所コインチェックが、1月26日に突如入出金を含む全ての取引を停止し、利用者の間で不安が広がっています。

一部ではコインチェック社の計画倒産を疑う声も出ているようです。

<スポンサーリンク>



出川哲郎CMのコインチェックが入出金停止!

コインチェック社といえば、最近出川哲朗が出演するCMで話題となっていましたね。

「兄さん、知らないんだ~」という出川哲朗のセリフで覚えている人も多いと思います。

このコインチェック社、今流行りのビットコインを含む仮想通貨の取引所として運営されており、利用者の多くがコインチェック社にお金(資産)を預けています。

無論、本来ならば預けていたお金の出金や追加投資のための入金、仮想通貨の売買は自由にできるはずなのですが・・・

コインチェック社は1月26日の12時7分を皮切りに立て続けに情報を発信し、20時の時点ではすべての取引が停止されています。

入金はまだしも、出金できないというのは利用者にとって非常に不安ですよね。

また、この間に通貨が暴落しても、利用者はそれを売却することもできず、ただ資産が減っていくのを見ているだけとなってしまいます。

これは取引所としては異例の事態ですね><

出川哲郎CMのコインチェック!入出金停止は計画倒産の前兆か?

<スポンサーリンク>



さて、このコインチェック社の取引停止に関して、様々な可能性が原因として噂されています。

原因の一つ目はコインチェック社が無許可営業だったことです。

数ある仮想通貨取引所の中でも有数の取引量を誇るコインチェック社ですが、実は大手の中では唯一金融庁の認可を得ていない、いわゆる無許可営業でした。

そのため、金融庁から何らかの制裁を受けたのではないか、という説です。

原因の二つ目はハッキングされた可能性です。

コインチェック社は以前からシステムの脆弱性が懸念されており、現在何らかのハッキング攻撃を受けているのではないか、という説です。

そして原因の三つ目、これは最悪のシナリオなのですが、、、

計画倒産なのではないか?という噂がでているのです。

ネットのコメントを見ると

「破産専門の弁護士が事務所に出入りしていた」

「いつまで待っても重要書類が届かない」

など、なんとなく会社の終わりを予感させるような情報もありました。

実際、ここ最近のビットコインはピーク時の4割程度まで値が下がっており、コインチェック社がこれに絡んで巨額の損失をだしていたとしても不思議ではありません。

「取引停止の詳細について発表の準備を進めている」というコメントを最後にコインチェック社からの情報が途絶えており、利用者は不安な週末を迎えることになりそうですね。

追加の情報が入り次第、本コラムも更新していきたいと思います。

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。