向井理が2018年ドラマきみが心に棲みついたでDV!怖いと評判

吉岡里帆主演の2018年1月期ドラマ「きみが心に棲みついた」がスタートしました。

この中で向井理がDV男の役で出演していますが、そのあまりに壮絶で迫真の演技が「怖い」「気分が悪い」などと評判になっているようです。
<スポンサーリンク>



2018年1月ドラマ「きみが心に棲みついた」

昨年ブレイクした吉岡里帆が自分に自信のない挙動不審の女性「キョドコ」を演じるということで放送前から随分注目を集めていたドラマ「きみが心に棲みついた」がスタートしました。

事前の告知では吉岡里帆が共演の向井理や桐谷健太と三角関係になると発表されていたので、てっきり月9の「海月姫」的なラブコメディが展開され、キョドコが成長していく姿が描かれるものだとばかり思っていましたが・・・

初回の内容は予想とは全くことなり、DVが絡む結構重たい内容でしたね(>_<)

ドラマ「カルテット」でハイテンションな女性の役がハマっていた吉岡里帆、イケメンで優しい感じの向井理、auのCMにでてくる浦島太郎のようにコメディを演じることができる桐谷健太という3人の組み合わせで、まさかこの重いドラマが出来上がるとは思いませんでした。

ドラマ「きみが心に棲みついた」の向井理がDV男で怖いと評判

<スポンサーリンク>



ドラマ「きみが心に棲みついた」の重苦しい雰囲気を強烈に印象付けたのは、何と言っても向井理が演じるDV男でしょう。

吉岡里帆演じる「キョドコ」の大学時代の先輩で、キョドコを精神的に支配してきたという設定なのですが、そのDVっぷりはこれまで爽やかで優しい役の多かった向井理のイメージがガラリと変わるほどのインパクトがありました。

ネットでは

「向井理好きなのに、これは怖すぎ」

「向井理のイメージとは全然違う」

「見事な演技だけど、観てて気分が悪くなる」

など、出演の吉岡里帆よりも向井理のDV男に関する意見の方が多くなっています。

たしかに、キョドコの髪を切ったり、ハサミを突き立てたり、ストリップを強要したりとサイコな演出が多かったですよね。

それを向井理が見事に演じきっただけに、これまでの爽やかイケメンを期待して観ていた女性ファンは驚いたと思います。

その結果、「向井理サイテー」といったような、あたかも実際の向井理がDV男であるかのようなコメントもいくつか出ていました(^^;)

ここまで役のイメージが広まるということは演技力が高いということなので、役者としては勲章の一つなのかもしれませんね。

あまりの怖い演技に脱落してしまった視聴者も多いようですが、向井理の怖いDV男っぷりは見ごたえがあると思います。

初回の視聴率やドラマの内容に対する評判はイマイチのようですが、向井理の演技を観るだけでも価値はあるかもしれませんね。
<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。