にゃんこスターのネタがつまらない。嫌われすぎ&破局目前で消えた

「キングオブコント 2017」で2位になったにゃんこスター

一時期はブレイクしていましたが、ネットでは「つまらない」「嫌い」といった声が多く、現在では消えたと言われています。

カップルとしてもすでに破局目前で、解散する可能性も高いようです。
<スポンサーリンク>



にゃんこスターのネタが「嫌い」「つまらない」と酷評!

にゃんこスターが「キングオブコント 2017」で披露したネタは「縄跳び」でした。

アンゴラ村長が大塚愛の楽曲に合わせて踊り、3助が異常なハイテンションでまるで実況するかのようにツッコミを入れるという形で成り立っています。

最近では非常によく練られたコントや漫才が多いのですが、にゃんこスターのネタはどちらかというと勢いに任せた感じがあります。

その勢いが「キングオブコント 2017」の審査員にウケたようですが、視聴者にとってはまったく面白くなかったようです。

ネットでは

「くだらない」

「全然面白くない」

つまらない

「アンゴラ村長が嫌い」

など、かなり酷評されていました。

某お笑い評論家は、

「にゃんこスターのネタにはスカシという基本的な笑いのテクニックが使われており、それだけを武器にして大会を勝ち上がり世間に衝撃を与えたのは、バカバカしさを演出するのが上手かったことに尽きる」

と称賛しているのですが、、、

正直なところ私には、あのバカバカしさが忘年会でサラリーマンがみせる余興程度にしかみえません(^^;)

「キングオブコント 2017」の時点ではコンビを結成してまだ半年だったので、ネタを熟成させる時間がなかったのかも、と思っていましたが・・・

2018年末になっても漫才やコントと呼べるようなネタは出てきませんでしたね^^;

もしかしたら今後面白いネタを作ってくれるのかもしれませんが、少なくとも「キングオブコント 2017」の縄跳びネタは素人レベルに思えてしまいますよね。

にゃんこスターのネタが嫌いつまらないと酷評!2018に消える?

<スポンサーリンク>



「キングオブコント 2017」放送終了直後からにゃんこスターに関する批判がでる中で、メディア各社は次々とバラエティ番組ににゃんこスターを起用するようになりました。

にゃんこスターの二人は交際していることを告白し、当初はその話題でなんとかトークができていたのですが、その目新しさがなくなってきくると、ネット上では2018年に消える芸人の筆頭格だと指摘されていました。

「実力もないのにトークまでやるとなると、すぐに消えることになってしまうのでは?」と思っていたのですが、漫才界のお御所宮川花子から「しゃべりはアカん」とダメ出しされていましたね 笑

そして、2018年も下期に入ると、にゃんこスターの姿はテレビからすっかりなくなっていました。

これはもはや、消えたといって良いでしょう。

かつて「ダメよ~ダメダメ」のセリフで大ヒットした日本エレキテル連合もトークの下手さからあっという間に消えていきましたよね。

日本エレキテル連合の場合は、ネタはそれなりに認められていたようですが、そのネタがつまらないとなると、にゃんこスターが消えたのは当然の流れだと思います。

もっといえば、番組制作側が期待していたほどの人気は最初からなかったのではないでしょうか。

現在では、「嫌い」「嫌われすぎ」といったキーワードがネットに表示されるほどになっています。

にゃんこスターが破局目前で解散の危機

<スポンサーリンク>



さて、コンビ間で交際していることを明かしていたにゃんこスター。

破局したらコンビを解散すると宣言していましたが、それから1年も絶たないうちに破局目前となったようです。

これはにゃんこスターのアンゴラ村長自身がテレビで語ったことで、相方である彼氏でもあるスーパー三助のことを酷評していました。

なんでも、スーパー三助は、朝まで酒を飲んでは夕方まで寝るという生活を送っているそうで、そんな堕落した相方にアンゴラ村長はうんざりしているのだとか。

これに関してアンゴラ村長は「結婚は考えていたが、ムカつくところが多い。最悪別れられる。こんな生活だから15年間売れなかった」と語っています。

テレビで交際中の相手のことをそこまで酷評すること自体がどうかと思いますが、二人の仲が冷え切っていることは確かなようですね^^;

アンゴラ村長のルックスとやや的外れなトークに魅力を感じている若手芸人は多いようなので、にゃんこスターを解散して別のコンビを組むことは充分にあり得るのではないでしょうか。

もっとも、「アンゴラ村長が嫌い」という人もかなりいるようなので、別のコンビを組んだところで、売れるかどうかは微妙な気がします。

今思えば、交際していることをネタにするのではなく、縄跳び以外の新しいお笑いネタを作っておけば、「テレビから消えた」と言われることもなかったかもしれませんね。

さらにいうと、「キングオブコント 2017」で準優勝という審査が妥当だったのかすら疑問に思えてきます。

3位以下のお笑い芸人からすれば、納得がいかなかったでしょうし、テレビから消えた現在のにゃんこスターをみて、「やっぱりな」と思っているかもしれませんね。
<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。