2018年1月ドラマランキング!低視聴率は山田涼介と広瀬すず?

まもなく2018年1月度のドラマがスタートしますね。

今クールは注目作品が多い中、山田涼介や広瀬すずが主演するドラマは、その放送前から低視聴率が心配されているようです。

そこで今回は、2018年1月度ドラマの期待度ランキングをつけてみました。
<スポンサーリンク>



2018年1月ドラマランキング上位!期待度が高いのは?

2018年1月期は良作が豊富な予感がします。

まずは前作が大変好調だった松本潤主演の『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II』。

ヒロインが産休に入った榮倉奈々から木村文乃に交代してはいますが、香川照之や岸部一徳ら盤石のわき役を揃えていて、今作も間違いなく高視聴率になると思います。

木村拓哉主演の『BG~身辺警護人~』も二桁の視聴率は硬いでしょうね。

SMAP解散の件ですっかり嫌われ者になってしまった木村拓哉ですが、それでも前回出演した『A LIFE』も堅調な視聴率でしたし、根強い人気があるようです。

石原さとみの医療ドラマ『アンナチュラル』も二桁の視聴率が期待できそうです。

『校閲ガール』も含めて近年の石原さとみは外れがない気がします。

発表になっているキャストを見ると、若手俳優かイケメン俳優がもう一人いた方がいいような気もしますが・・・その分、石原さとみが目立って良いかもしれませんね。

その他、乃木坂46の西野七瀬が出演で話題の「電影少女」も注目だと思います。

深夜帯のドラマなので単純に視聴率での比較はできませんが、人気アイドルが主演とあって、ファンを中心にかなりの視聴者がいそうです。

西野七瀬が役作りのためにショートカットにしたことでも話題となっていますね。

2018年1月ドラマランキング中盤!芳根京子と吉岡里帆は正念場か?

<スポンサーリンク>



若手女優にとっては視聴率次第で大物女優となれるのか、低視聴率女王と呼ばれてしまうのかが決まってくると思います。

その意味で早くも正念場・勝負どころを迎えたのが芳根京子と吉岡里帆ではないでしょうか。

芳根京子は月9の『海月姫』で主演となりますが、前クールの『民衆の敵』が示すように、「フジだから観ない」という人は多いようで、「芳根京子も爆死するのでは・・・」と言われています。

『海月姫』自体は過去にのん(能年玲奈)主演で映画化されており、やや新鮮味に欠ける気がします。

才能ある若手女優だけに、あえてこの作品で月9に出なくても良かったのでは・・・という声がネットでも多いようですね。

吉岡里帆は『きみが心に棲みついた』で主演を務めますが、これまだ正念場かもしれません。

2017年の「もっともブレイクした女優」に選ばれCMにも多数出演していますが、女性ファンは非常に少ないと言われています。

この二つは視聴率二桁いけば大成功と言えるかもしれませんね。

その他、山崎賢人主演の『トドメの接吻』や亀梨和也主演の『FINAL CUT』もランキング中盤かと思います。

2018年1月ドラマランキング下位!低視聴率は山田涼介と広瀬すず?

<スポンサーリンク>



良作が多そうな感じの中で、すでに低視聴率が心配されているドラマもあります。

山田涼介主演の『もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~』はその心配されているドラマの一つのようです。

山田涼介演じる刑事が兄弟と結束して彼らの家族の安泰を脅かす事件のみを解決するホームコメディらしいのですが、、、

ん~、この内容では一部のジャニーズファンにしかウケないような気がするのは私だけでしょうか?

そしてある意味一番気になるのが広瀬すず主演のドラマ『anone』です。

広瀬すずといえばドラマにでない女優と言われるほどで、連続ドラマは丁度二年前の2016年1月期『怪盗 山猫』以来となります。

そのため、大ヒットになる可能性もありますが、この2年間でかなりアンチが増えてしまった広瀬すずだけに、爆死の可能性も高いと思います。

これらの予想が当たっているかどうか、各ドラマのスタートがとても楽しみですね^^
<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。