紅白で欅坂46の口パクがバレバレ!平手友梨奈が倒れたのは演出?

紅白歌合戦で欅坂46の平手友梨奈ら3人が倒れたことがニュースになっていますよね。

軽い過呼吸とのことですが、体調を心配するファンがいる一方で「口パクなのに過呼吸はおかしい」「あれも演出なのでは」と指摘する人もいるようです。
<スポンサーリンク>



紅白で欅坂46の口パクがバレバレ!

内村光良の見事な司会や安室奈美恵の熱唱など、評価すべき点が多々あった2017年の紅白歌合戦ですが、その反面、多くの視聴者が残念に思ったことがあります。

それはあまりにも口パクをする出場者が多かったことです。

特に紅組はTWICEやAKBグループなど、複数の口パクがあり、「もはや歌合戦ではない」と視聴者が指摘するのも当然だと思います。

そんな中、口パクがあまりにも露骨だったのが「不協和音」を歌った欅坂46です。

映像をよく観るとまったく口を開けずに踊っているメンバーもおり、口パクであることがバレバレでした。

一部のファンからは「不協和音はダンスが激しいから仕方ない」と擁護の声もあるものの、大多数の視聴者からは

歌えない時点でプロ失格

「生放送にでれるグレープではない」

などの指摘がでています。

たしかに、プロとしてお金を貰っている以上、最低限プロらしいパフォーマンスをしてほしいところですよね(*_*;

口パクが当たり前の音楽番組というのは、魅力が半減するのではないでしょうか。

紅白で欅坂46の平手友梨奈らが倒れたのは演出?

<スポンサーリンク>



口パクであることが簡単にバレた欅坂46ですが、さらに問題なのが、ステージ上で平手友梨奈ら3人が倒れたことです。

なんでも軽い過呼吸だったそうですが、生放送なので放送事故寸前の大問題ですよね(*_*;

これは2回目の「不協和音」を披露していた時に起こったことなのですが、ファンからは

「不協和音を2回もやらせるNHKが悪い」

「疲労がたまっていたんだろうからかわいそう」

と言った声が続出しました。

確かに、倒れたということに関しては心配ですが、その前に、「そもそも倒れること自体がおかしい」と考える視聴者が大多数を占めているようです。

1回目の「不協和音」から数十分が経過していましたから常識で考えれば体力は回復しているはずです。

緊張もほぐれてきた頃だったはずです。

にもかかわらず、過呼吸で3人も倒れるというのはどう考えても不自然ですよね。

「『不協和音』はそれだけ負担が大きいんだ!」というファンの主張は分かりますが、冷静に考えるとどうしても別の理由があるように思えてしまいます。

実際、「NHKにも内緒にしていた演出なんじゃないか?」「話題作りのためのヤラセ」といった説も浮上しているようです。

特にセンターを務める平手友梨奈は、以前からステージ上で下を向いたままだったり、暗い表情をしていたりと明らかに様子がおかしいままテレビ出演を続けています。

ファンは平手友梨奈の体調を心配しているようですが、いくら売り上げに影響するからとはいえ、パフォーマンスが低調でとてもプロとして人前に立てる状態には見えないメンバーを出演させ続けている運営側には違和感を覚えます。

となると紅白歌合戦で倒れた件も含めて「体調不良のようにみせること自体が欅坂46の演出」という噂にもある程度の信憑性がでてきてしまいますよね。

他に過呼吸になる人はいないのに、欅坂46だけ同時に3人も過呼吸が出たこの件は、このような噂が立つほど不自然な出来事だったようです。

真相は分かりませんが、仮に演出だったとしたらかなり悪質ですし、本当に過呼吸になったのだとしたら、それは体力不足と体調管理の甘さを物語っています。

どちらにせよ決して良いことではないので、今後はこのようなことがないように、プロとして当たり前の仕事をしてほしいですよね。
<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。