中居正広出演のめちゃイケ日本一周2018版がつまらないと酷評!

打ち切りが決定している「めちゃイケ」が2018年1月2日に放送したのが中居正広とナイナイが72時間で日本を一周するという名物企画のFINALでした。

つまらないと言われるめちゃイケの中にあって、日本一周は非常に人気のある企画だったので、楽しみにしていたファンも多かったと思いますが、やはり酷評されているようです。
<スポンサーリンク>



中居正広出演のめちゃイケ日本一周2018版!

3月に番組が終了するということで、近年遠ざかっていた視聴者が徐々に戻りつつある「めちゃイケ」ですが、1月2日に放送されたのは「中居正広との日本一周企画」でした。

ナイナイが中居正広のやりたいことをかなえるというスタンスで日本一周するこの企画は、まだ3人が20代中盤だった頃に第一回が放送され、その後も不定期に複数回放送されてきました。

過去には中居正広主演のドラマに岡村隆史がエキストラで出演したり、SMAPのライブに岡村隆史が乱入し中居正広のダンスパートを奪ってしまうなど、大掛かりな仕掛けもあって本当に面白かったですよね。

国民的アイドルに気を使うどころか、中居正広をイジって怒らせるという演出が当時では斬新でこの企画の生命線だったように思います。

中居正広出演のめちゃイケ日本一周2018版がつまらないと酷評!

<スポンサーリンク>



そんな目玉企画も今回がFINALということで、放送前から期待していた視聴者は多かったようです。

もちろん、私もその一人だったのですが、、、

放送後にネットを見てみると、「つまらかった」と酷評されているようですね。

たしかに、「中居正広をイジって怒らせる」という基本軸が雑で、まったく面白さが表現できていなかったように思います。

また、3時間半という長時間の放送でしたが、最後の1時間は無理に感動させようとする「24時間テレビ」的な手紙のやりとりに費やされたため、シラけた視聴者が多かったようです。

実際、

「最後の方はチャンネル変えた」

「手紙長すぎ」

「どこが面白いの?」

といったコメントがネットでは多いようです。

確かに、あれは長過ぎましたよね(*_*;

「めちゃイケ」は台本のあるフィクションをノンフィクションに見せていくところが絶妙に面白い番組だったと思うのですが、北海道でのケチャップ噴射や静岡でのローション富士山など、演出が雑で古臭く、なぜ台本の段階でつまらないことに気づかないのかが不思議でなりません。

さすがの中居正広やナイナイもあの台本で視聴者を笑わせるのは難しかったでしょうね。

私はフジテレビが嫌いな訳ではなく、むしろ頑張って面白い番組を作ってほしいと期待しているくらいですが、今回のめちゃイケを観た限りでは、当分フジテレビに面白いバラエティ番組は期待できそうになかったですね。。。

めちゃイケの放送回数も残り僅かとなってしまいましたが、少しでも面白い内容にしてくれるよう、祈るしかありませんね。
<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。