のん『能年玲奈』は歌下手すぎる!サッカーのCMの歌がひどい!

事務所独立騒動によって一時期芸能界から干されていたのん。

まだまだTV出演は少ないのですが、なんとかしようと歌の方も頑張っているようです。

しかし、この歌が放送事故レベルだと酷評されているようです。

そこで、のんの歌に対するネットの反応や感想をまとめてみました。
<スポンサーリンク>



のん『能年玲奈』は歌下手すぎる!サッカーのハーフタイムに流れたCMの歌がひどい!

のんといえば可愛い声と抜群の演技力が魅力ですが、歌に関しては致命的に下手だと言われています。

その評価が決定的になったのは、アウェーで行われたサッカーW杯アジア予選、日本代表VSイラク代表戦でのことでした。

この時、ハーフタイム中にのんが出演している格安SIM会社のCMが流れました。

視聴率の高いサッカー中継ということで、スポンサーはわざわざ1分間のロングバージョンCMを作り、一夜限りで放送したのです。

このことは以前から告知されていたため、普段はサッカーに興味がない人もこののんのCMを目当てに放送を観ていたようです。

たしかに、長いこと干されていたのんが復活、しかも歌声を披露となれば、ファンとしては見逃せないですよね。

ところが・・・満を持してのんがアカペラで歌った『エイリアンズ』があまりにも酷く、もはや本当のメロディが何なのかがまったく分からないレベルだったのです。

このCMは収録されたものですから、編集の段階である程度は修正したはずです。

にもかかわらずまったく音程が合っていないレベルだったので、ファンの間では「放送事故」と呼ばれているようです 笑

のん『能年玲奈』は歌下手すぎる!あまちゃんやラジオでも!

<スポンサーリンク>



さて、放送事故と呼ばれるほど酷い歌を披露してしまったのんですが、実はその「才能」はあまちゃんの頃から発揮されていたのをご存知でしょうか。

のんは「あまちゃん」出演時に2人組で「潮騒のメモリー」という曲を歌っており、同曲で紅白歌合戦にも出場していました。

また、同じく「あまちゃん」では6人グループで「暦の上ではディセンバー」という曲も歌っています。

どちらも複数人であったせいか、そこまで「下手」というイメージはなかったのですが、改めて聞き直してみると、やはりかなり音がズレています

極めつけはラジオのFM放送で童謡「小さい秋見つけた」を歌った時です。

「小さい秋見つけた」といえば誰もが知る曲ですが、「大幅にアレンジしたのか?」と思えるほど音があっていません(^^;)

これらを受けてネットでは

「仕事がないのは分かるが歌だけはやめておいた方がいい」

「のんに歌わせる方が悪い」

「ここまで音を外す方がむしろ難しい」

などと酷評されています。

事務所独立のせいでなかなかドラマに出演できない状態で焦りがあるのかもしれませんが、ここまで酷いと「そもそもなぜ歌う仕事を引き受けたのか?」と思えてしまいますね(^^;)
<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。