フィギュア五輪代表決定!女子は宮原知子と坂本花織!男子は羽生ら

平昌五輪のフィギュア日本代表が決まりました。

3枠だった男子は羽生結弦、宇野昌磨、田中刑事が選ばれ、ほぼ順当な結果に。

一方で2枠で大激戦となった女子は宮原知子と坂本花織が選ばれました。
<スポンサーリンク>



フィギュア五輪代表決定!女子は宮原知子と坂本花織!

女子は全日本選手権で優勝した宮原知子がすでに内定していました。

11月にケガから復帰したばかりで満足な調整ができなかったと思いますが、それでも安定した演技を見せてくれましたよね。

得点も220点を超えていて、平昌五輪までにさらに調整が進むことを考えると、メダルが狙える位置にいると思います。

激戦となったもう一枠は全日本選手権で2位だった坂本花織が選ばれました。

全日本選手権開催前は樋口新葉や三原舞依と比べるとやや知名度が低く、ダークホース的な存在でしたが、初日のSPで首位に立つと、その勢いのままフリーも大きなミスなく滑りきっていました。

SP後の「やばい、やばい!」と喜んでいる姿や、フリー後の「なんで~」と悔しがる姿が「素直で好感がもてる」とネット上では人気急上昇です。

一つ年下の本田真凛にばかり注目が集まる中、着々と力をつけてきたようで、大舞台でも動じないメンタルも持っていそうですよね。

年齢的に伸び盛りの時期なので、平昌五輪までに一気に完成度が高まる可能性があります。

フィギュア五輪代表決定!男子は羽生結弦、宇野昌磨、田中刑事

<スポンサーリンク>



ケガの影響で全日本選手権を棄権した羽生結弦ですが、これまでの実績から代表に選ばれました。

まぁ、彼の選出に異議を唱える人はいないでしょう。

平昌五輪までにケガをしっかりと治してほしいですね。

全日本選手権で優勝した宇野昌磨も順当でしたね。

コンディション次第では羽生結弦を上回る得点を出すこともあるだけに、平昌五輪ではワンツーフィニッシュも期待できそうです。

「ファンの皆さんに良い演技をお見せできていないのが悔しい」と語るあたり、宇野昌磨の代表選手としての自覚が伝わってきます。

男子の場合は羽生結弦と宇野昌磨が確実視されていたので、実質残る1枠をその他大勢の人が争う形となっていました。

そんな残る1枠を獲得したのが、全日本選手権3位の田中刑事です。

羽生結弦、宇野昌磨と比べると力は劣るのですが、キレイな4回転ジャンプを持っていますし、平昌五輪では悔いのない演技をしてほしいですね。

以上のメンバーで挑む2018年2月の平昌五輪。

メダルの獲得が期待でき、人気の高い種目なので、五輪開幕まで良い調整をしてほしいです。

また、残念ながら代表に選ばれなかった選手達も4年後を目指して精進してほしいですね。
<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。