篠原涼子の月9ドラマ民衆の敵が視聴率低迷で爆死!打ち切りか?

篠原涼子のドラマ「民衆の敵」の視聴率下落が止まりませんね。

このまま低迷するようだと、真木よう子の「セシルのもくろみ」に続いて打ち切りの可能性も出てきます。

高橋一生の裸シーンなどで盛り上げようとはしていたようなのですが・・・
<スポンサーリンク>



篠原涼子の月9ドラマ民衆の敵が視聴率低迷で爆死!原因は?

ドラマ「民衆の敵」の初回を観た時、「中途半端にならなければ面白くなりそう」と感じました。

リアリティを追及して社会派のドラマにするのか、とびぬけてあり得ないような設定でコメディにするのか、家族愛のホームドラマにするのか等、方向性を明確にすれば面白くなると思ったのですが・・・

残念ながら、全てにおいて中途半端な感じがしますよね。

終盤にきて古田新太による悪だくみが描かれるようになりましたが、内容が浅いうえに序盤はそんな雰囲気でもなかったため、イマイチ興味がわきません。

このつまらない台本でドラマを制作してしまうのが今のフジテレビなんでしょうね。

どの層の視聴率をターゲットにして、どんなジャンルのドラマにすべきかという根本的なマーケティングができていないように思います。

篠原涼子を主演にして、高橋一生も起用している時点で、ある程度上の年齢層を狙ったのでしょうが、だったらこの落ち着きのないドタバタな脚本は不適格ですよね。

それよりはこの二人がおりなす大人の恋愛ドラマの方がまだ良かったのではないでしょうか?

民衆の敵ではたびたび高橋一生の裸が出てきますが、本編とは無関係なシーンで使われているだけに、「高橋一生の無駄遣い」と言われているようです。

篠原涼子の月9ドラマ民衆の敵が視聴率低迷で爆死!打ち切りか?

<スポンサーリンク>



そんな内容の薄い脚本がマズかったのか、ドラマ「民衆の敵」の視聴率は月9史上ワースト2位となる5%台を出してしまいました。

前クールのドラマ「コードブルー」と比べて10%近く低く、相葉雅紀や武井咲の演技が酷いと叩かれたドラマ「貴族探偵」よりも視聴率が低い訳ですから、いかに人気がないかがよく分かりますよね。

今年最もブレイクした俳優・高橋一生を起用しているのに、それでもこの視聴率というのは、非常に寂しい気がします。

コストをかけて5%台の視聴率なら、「ロングバケーション」や「東京ラブストーリー」「古畑任三郎」あたりの再放送を放送した方が、よっぽど効果的な気がしますよね w

バラエティ番組「めちゃめちゃイケてる」や「とんねるずのみなさんのおかげでした」がコストパフォーマンスが悪いと言われて打ち切りが発表されました。

実はフジテレビの現社長はコストカッターとして有名なのですが、月9がこのような視聴率だと、月9のドラマ枠そのものがなくなるかもしれませんね。
<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。