ロシアワールドカップの組み合せ!日本はグループH!対戦相手は?

2018年に開催されるサッカーのロシアワールドカップ。

そのグループステージの組み合せがついに決まりました。

グループHに入った日本ですが、その対戦相手はどこになったのでしょうか?

抽選会の結果を速報でご紹介します!
<スポンサーリンク>



ロシアワールドカップの組み合せが決定!

ロシアワールドカップの組み合せ抽選会が行われ、全32カ国の組み合せが決定しました。

こちらがその組み合せ表です。

今大会は出場32カ国をFIFAランクの順番に並べて8カ国ずつ4つのポッド(P1~P4)に分類。

抽選で各ポッドから一カ国ずつが選ばれ、A~Hの8つのグループが作られています。

(ロシアは開催国なので特別にP1)

ちなみに日本は最弱分類のP4に入っていました。

抽選会の様子をLIVEで観ていたのですが、抽選がどんどん進んでいく中、まずグループBのP2でスペインが出た時に会場がザワつきました。

スペインが入るグループは死の組になると言われていただけに、誰しもがグループBには入りたくないと思ったはずです。

他にもグループEやグループFなど、「絶対に入りたくない場所がそこにある」的なグループが次々とできていったので、日本がどこに入るのかが非常に気になっていたのですが・・・なかなか日本がでてきませんでした 笑

最後まで残っていた枠がグループFとグループH。(Fなら地獄、Hなら天国)

そして、まだ出ていない国が日本と韓国のみという状況になりましたから、ドキドキしながら観ていた人も多いでしょう。

結局グループFの枠に韓国が入ったことで、日本は自動的にグループHとなりました。

まぁ、日本から見れば出場しているほとんどの国が格上な訳ですから、どのような組み合せになってもグループステージ突破が難しいことに変わりはありません。

ただ、それでも「比較的」戦いやすい組み合せとそうでない組み合せがある訳で・・・

その意味ではかなり条件がよいグループに入ったと言えるでしょう。

開催国枠でロシアがP1だったグループAと並んでグループHは恵まれた組だと思います。

ロシアワールドカップの組み合せ!日本はグループH!対戦相手は?

<スポンサーリンク>



さて、そのグループHですが、日本は初戦コロンビア(6月20日)、二戦目セネガル(6月25日)、三戦目ポーランド(6月28日)という順番で戦います。

グループ内最強のポーランドと一番最後に当たるという展開は、勝ち点を競うグループリーグ制では比較的有利に働くことが多いんですよね。

それもまた恵まれた抽選結果となりました。

グループHの中で日本が最弱なことに変わりはありませんが、それでも恵まれたグループであることは確かです。

逆に言えば、これでグループステージ敗退となった時には、もはや何の言い訳もできないということでもありますよね。

ちなみに、初戦の相手であるコロンビアとは4年前の前回大会でも対戦しています。

戦前には「もしかしたら勝てるかも」的な報道が各放送局からなされていましたが、実際には日本は1-4で完敗でした。

あの大会では、コロンビアのハメス・ロドリゲスが大ブレイクし、一気に世界的スターになりましたよね。

当然、そのハメス・ロドリゲスも出場してくると思います。

ちなみに、海外メディアは「今回の大穴になりそうなチーム」として日本の名前を挙げているようです。

お!そんなに高評価なのか!と思うかもしれませんが、「大穴になりそう」ということは、基本的に「弱い」と見なされているということでもあります。

まぁ、正当な評価だとは思いますが・・・(;^ω^)

とはいえ、かなり条件のよい組に入ったことは間違いないので、なんとかグループリーグを突破してほしいですね!
<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。