オスカーゴリ押しの本田真凛!今の演技と順位では五輪出場は無理?

本田真凛といえば、浅田真央引退後の日本女子フィギュアスケート界で期待されている選手の一人ですよね。

確かにかわいいし、ジュニアでの実績もあります。

その一方で、オスカーのゴリ押しやマスコミの持ち上げ過ぎという指摘もあります。

実際のところ、本田真凛の実力はどうなんでしょうか?
<スポンサーリンク>



本田真凛はオスカーがゴリ押しし過ぎ?マスコミも

「真央2世」として期待のかかる本田真凛は、芸能プロダクションのオスカープロモーションに所属しています。

あれだけかわいいのでタレントとしての価値があるのは分かるのですが・・・

オスカーといえば、これまでに上戸彩、武井咲、剛力彩芽などをゴリ押ししてきた事務所として有名ですよね。

実際、映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」のPR動画に本田真凛を出演させたり、JALのCMに起用するなど、本田真凛もかなりゴリ押しされている感があります。

また、それに呼応するようにマスコミも本田真凛の演技を絶賛し、かなり持ち上げています

ルックスがいいので話題性があるのは事実ですが、持ち上げ過ぎるのはいかがなものかと(;^ω^)

「表現力が優れている」「海外メディアも絶賛」などの記事が多数見られますが、肝心の点数をみると、それほどでもないというのが実情だったりしますよね。

出来ているところを褒め、足りないところを指摘する。

マスコミに求められるのはそういう公正な視点だと思うのですが、いかがでしょうか?

本田真凛!今の演技と順位は?

<スポンサーリンク>



それでは、グランプリシリーズ2017カナダ大会での本田真凜の演技について考えてみましょう。

本田真凛のSPはミスの連発がひびいて、52.60点で10位でした。

初めてのシニア出場ということで緊張したとは思いますが、仮にミスがなかったとしても、そこまで高得点が出るような内容ではなかったように思います。

続いて行われたフリーの演技では3位となり、SPと合わせた点数は178.24点。

全体5位でこの大会を終えています。

これに対してマスコミは

「本田真凛の本領発揮!フリーで3位」と持ち上げ、「海外メディアからも賞賛の声が続出」と報じています。

んー、フリーの順位は3位でしたけど、フィギュアスケートは点数で評価されますからね・・・

冷静な日本のファンからは

「フリーは頑張ったようだが5位だし170点台だしどうしようもなくない?」

「マスコミ持ち上げにも程がある。こういう記事を出すのは今の本人の為にならない。得点を見れば一目瞭然」

と厳しい声が出ています。

たしかに、1位のケイトリン・オズモンドは212.91点となっており、本田真凛とは30点以上も差があります。

SPのミスだけでできた差だとは思えないですよね(;^ω^)

本田真凛の五輪出場は無理?

このように、マスコミの評価と一般人の感想が食い違っている本田真凛の演技ですが、日本国内ではどれくらいの位置にいるのでしょうか?

浅田真央の引退後、やや低迷している日本女子フィギュアスケートですが、現在は宮原知子がトップと考えて良いと思います。

それに続くのが三原舞依、樋口新葉あたりかと。

冷静に考えると本田真凛は4番手あたりなんですよね。

平昌オリンピックで日本が持つ出場枠は2つですから、順当にいけば本田真凛は出場できない訳です。

マスコミはしきりに「本田真凛にオリンピックの期待がかかる」と報じていますが、本田真凛よりも上位に3人いる訳で、彼女達を取り上げないのはおかしいと思うのですが・・・

ちなみに、本田真凛は、12月20日~24日に行われる全日本フィギュアスケート選手権にエントリーしています。

この大会は平昌オリンピックの日本代表を決める事実上最後の大会になると思われます。

ここで優勝すれば文句なしに平昌オリンピックの日本代表に決定します。

残り1枠は選考となるそうですが、現在4番手あたりの本田真凛では選考で選ばれる可能性は低いでしょう。

つまり、全日本フィギュアスケート選手権で優勝を狙いにいくしかなく、難易度の高いジャンプを取り入れるなど、プログラムの変更が必要になってくるかもしれませんね。

本田真凛自身は「ジャンプはあまり得意ではない」と語っていますが、今の立場を考えるとやらざるを得ないと思います。

そこまでやらないと、平昌オリンピックへの出場は恐らく無理でしょう。

平昌オリンピックの日本代表に選ばれて浅田真央2世の呼び声に沿うような活躍を見せることが出来るか、それとも、オスカーやマスコミのゴリ押しだったことが露呈するのか・・・

本田真凛としては次の全日本フィギュアスケート選手権が正念場となりそうですね。

本田真凛は才能のある選手だと思います。

それだけに、事務所やマスコミの言葉に踊らされることなく、冷静に自分の実力をみつめて練習に励んでほしいですよね。

そうなった時こそ、本当の真央2世の誕生だと私は思います^^
<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。