無能と評判の巨人村田ヘッドがまさかの残留!吉村が打撃コーチに!

2017年シーズンを4位で終えた巨人。

13連敗やCSに出場できないなど不本意な成績に終わり、ファンは大幅な改革を望んでいたはずです。

しかしオフに発表されたコーチ陣の顔ぶれをみると責任論が出ていた村田ヘッドコーチは残留となっています。

案の定、2018年シーズンもBクラスに沈みそうな勢いです。

<スポンサーリンク>



無能と評判の巨人村田ヘッドがまさかの残留!

まずは2017年のシーズンオフに発表された巨人の体制をみてみましょう。

監督 高橋由伸・・・「そもそもこの人が一番問題な気がする」

打撃総合コーチ 吉村禎章・・・「お、これは期待できそう!」

打撃コーチ 二岡智宏

打撃コーチ 小関竜也

投手総合コーチ 斎藤雅樹・・・「引き続きよろしくお願いいたします」

投手コーチ 豊田清

投手コーチ兼トレーニングコーチ 木村龍治

内野守備走塁コーチ 井端弘和・・・「残ってくれて本当に良かった」

外野守備走塁コーチ 大西崇之

トレーニングコーチ 伊藤博

ヘッドコーチ兼バッテリーコーチ 村田真一・・・「あら?あららら??」

各自の名前の後ろにネット上から主だったコメントを拾って書いてみました 笑

一番責任が重いはずの高橋監督ですが、現役の意思があるところを無理にお願いして監督になってもらった分、2017年の段階ではクビにしにくかったのでしょうね。

がしかし、村田ヘッドコーチの残留というのはどうだったんでしょうか?

2017年のシーズン中から度々無能という評判がでていただけに、残留してバッテリーコーチまで兼任させるという球団の判断に疑問を抱くファンはかなり多かったと思います。

それ以外のコーチ陣にもほとんど変更がありませんでした。

これをやってしまうと、「球団の方向性は問題がなく、選手のパフォーマンスが低かった」という意思表示にとられてしまい、ファンも選手も士気が下がるような気がするのですが・・・

「優勝を狙いつつ、一人でも多くの若手を育てること」と球団フロントが村田ヘッドに指示を出したと言われていますが、それは去年も今年も同じこと、というより、どの球団でも同じことです。

その当たり前のことを2016年、2017年の2年間でやっていなかった時点で疑問ですよね。

かといって試合中の指示が的確だった訳でもなく、「村田ヘッドコーチは何をしているのかまったく分からない」というファンも多いようです。

村田ヘッドコーチの作戦が酷い

<スポンサーリンク>



基本的に腕組みをして無言で立っている高橋監督。

監督としての経験不足が指摘さているだけにアドバイザー役として村田ヘッドコーチが試合中の作戦にも口を出しているようなのですが、、、

ちぐはぐな作戦だったり、作戦そのものがなかったりすることが多いですよね。

主なものをいえば、

  • バントができない選手にバントの指示を出す
  • 代走を送るタイミングが遅い
  • 代打をおくるタイミングが違う
  • ただ打たせるだけで細かい野球ができない

などです。

これらすべてが村田ヘッドコーチのせいだとは思いませんが、1点差の試合で大きく負け越しているという現実がある以上、作戦ミスが多いと考えるのが妥当でしょう。

村田ヘッドコーチは選手をよく非難するが・・・

巨人が負けた試合では試合後の村田ヘッドコーチのコメントがネットニュースになることが多々あります。

それらを見てみると選手のミスを非難していることが多いですよね。

「あの走塁はアカン」

「ランナーを進めるバッティングができていない」

「なぜこんなに打たれるのか」

等々、言っていること自体は正しいのですが、それらの責任を負っているのは村田ヘッドコーチ本人な訳ですから、指導力不足=無能だと言われても仕方ないのではないでしょうか。

高橋監督と村田ヘッドコーチの体制になって3年目ということで、キッチリと指導していればそれなりに村田イズムが根付いているはずなのですが、それが2018年シーズンになっても表れていません。

無能と評判の巨人村田ヘッドが残留も吉村が打撃コーチが救いに!

<スポンサーリンク>




結局代わり映えのしないコーチ陣のままスタートした2018年シーズンの巨人ですが、シーズン半ばとなった今振り返ると吉村禎章が打撃総合コーチに就任したことが非常に大きかったように思います。

現役時代は「膝の大けががなければ間違いなく4番を打っていた」と言われるほどの天才打者だった吉村コーチの指導で2017年に貧打と言われていた打線がかなり復活してきました。

(7月7日の時点ではチーム打率は.259でセリーグ2位、本塁打数も3位となっています)

特に岡本が才能開花したのは大きな収穫ですよね。

吉村打撃コーチは打撃理論がしっかりしていますし、村田ヘッドコーチよりも1つ年上なので、ある程度権限をもって指導できているのでしょうね。

村田ヘッドコーチはいつ辞めるのか?

巨人ファンの中には「無能な村田ヘッドコーチに早く辞めてほしい」と思っている人も多いようです。

ただし、シーズン中に成績不振を理由にヘッドコーチだけ辞めるという例はほとんどないですよね。

となると、村田ヘッドコーチが辞めるタイミングは高橋監督の契約が切れる2018年オフと考えるのが妥当でしょう。

(恐らく高橋監督は今シーズンで契約終了になるでしょうからね)

ファンとしては我慢の限界に来ているところでしょうが、どうやら今シーズンはこのままの体制でいくしかないようですよ。

<スポンサーリンク>



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。