熱烈ベッドシーン公開!有村架純の2017新作映画ナラタージュ!

有村架純の新作映画「ナラタージュ」が2017年10月7日に公開となりましたね。

この映画、先生と生徒の禁断の愛が描かれているとのことですが、熱烈で大胆なベッドシーンが多いと話題になっています。

清純派の有村架純が演じるベッドシーン、これは気になりますよね!
<スポンサーリンク>



有村架純の2017年新作映画ナラタージュのあらすじ

まずは「ナラタージュ」のあらすじから。

有村架純が演じる主人公、工藤泉は大学二年生。

高校時代時代に所属した演劇部の卒業公演に出ることになります。

そこにはかつて互いに惹かれあっていた演劇部顧問の葉山貴司(松本潤)がいました。

二人は次第に気持ちが抑えられなくなっていくのですが、そこに泉へ思いを寄せる小野玲二(坂口健太郎)が登場して三角関係に・・・

この映画の原作は、2005年に島本理生が発表した恋愛小説「ナラタージュ」です。

2006年には「この恋愛小説がすごい」で1位を獲得しており、そのストーリーの素晴らしさは折り紙付き。

有村架純のベッドシーン目当てじゃなくても充分楽しめそうな映画ですw

あ、女性の方は松本潤や坂口健太郎のベッドシーンという目線で楽しむのかもしれませんね^^

有村架純が新作映画ナラタージュで熱烈ベッドシーンを公開!

<スポンサーリンク>




ストーリーがしっかりしている原作ですが、描かれているベッドシーンの多さも際立っています。

原作には、工藤泉と葉山先生、工藤泉と小野玲二、両方のベッドシーンやキスシーンが何度もでてきます

(あら?有村架純、二股することになるの?)

試写会を見たマスコミ関係者の話では、有村架純が正面や座った状態で松本潤とからみ、声をあげて悶えまくるとのこと。。。

「ひよっこ」や「ビリギャル」とはずいぶんイメージが違いますねー。

というか、「大胆なベッドシーンの連続」とこれだけ噂になると、映画館に観に行くのが恥ずかしくなりますよね 笑

それにしても、有村架純はよくこの仕事をOKしましたよねぇ。

あえてこの仕事を引き受けなくても、従来の清純派路線で今後も充分仕事はあったと思うのですが・・・

事務所もなかなか思い切ったことをしましたよね(;^ω^)

有村架純をお色気女優路線で育てたいのでしょうか?

演技の幅を広げてベッドシーンも出来るようにするのなら、もっと軽いベッドシーンの作品でも良かったと思うのですが・・・

まとめ

「あまちゃん」「ひよっこ」など清純派として順調にキャリアを積んできた有村架純ですが、新作の「ナラタージュ」」では熱烈なベッドシーンを公開しています。

ここまでやるか!と驚いてしまいましたが、有村架純の体当たり演技、やはり気になりますよね。

この映画、原作が素晴らしいことは間違いないので、ベッドシーン以外にも見どころは多いはずです。

すでに公開となっていますので、ご興味のある方は劇場へどうぞ♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。